こんな方におススメです

  • 植物を暮らしの中で活かしたい方
  • 自然療法、自然の癒す力に関心がある方
  • 地域づくりで薬草、野草を取り上げたい方
  • 農業に関心があり、薬草・野草の加工を学びたい方
  • 自給自足やパーマカルチャーに関心がある方
  • 様々なコミュニティ(幼稚園や学校、福祉施設、地域活動、行政)の方で、自然療法に関心がある方

こんなことやります

近代医学の父ヒポクラテスの「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」という有名な言葉があるように、ダイナミックでかつゆったりとした自然との繋がりは、健やかさの助けとなります。

本講義では、季節に応じて自然の力を生かす方法を学びます。自然と調和し、自分自身の治癒力・免疫力を高め、自分の身体を労り慈しむことで、日々調子を整えることが目的です。

今回は、これから植物の力を暮らしに取り入れていきたい方向けに、なるべく使いやすい、身近にある植物を扱います。また、植物の基本的な扱い方・使い方となっており、応用が利く内容です。陰陽五行の考えも取り入れながら学んでいきます。

講師は、岩手県紫波町の佐々木琢子さん。ハーブガーデンのある広大な敷地の中にあるガーデンショップに17年勤務。現在は暮らしのイベントと民泊を営み、身近にある植物たちを日々の暮らしに取り入れています。 

また、薬草・野草界のエキスパートである4人の外部講師にも、多彩なテーマでお話し頂きます。トトラボ代表 村上志緒先生からは自然療法の基本や植物への眼差しについて、木の声を聞く大工の川原一三さんからはご自身の薬草園の大事な植物たちについて、きのこ王子こと高橋久祐さんからはきのこの面白さとその活かし方について、最後にTABEL株式会社の新田理恵さんからは世界の面白い薬草文化についてです。

2021年度 募集要項

講座のゴール

薬草と調製(植物を加工すること)の知識、植物へのまなざし、健康の考え方や暮らしの在り方を学び考え、ご自身とご家族、身の回りの方の健康を維持増進できるようになる

期間

2021年4月~12

場所

講師の営む民泊「たまくさ」 岩手県紫波郡紫波町上平沢  

※上記以外に岩手町1回、盛岡市公園1回遠征を行います。

・JR東北本線 紫波中央駅から車で約10分です。

・電車でお越しの方は紫波中央駅まで送迎します。

開催時間

10:30〜11:30 野草の採集等、準備

11:30〜16:30 講座(昼食込み)

※講座は11:30からですが、可能な方は10:30からの参加がオススメです!

費用

50,000円(受講料40,000円+入学金10,000円)

※材料費・ランチ代は別になります。材料費は全日程の合計で5,000円程度、ランチ代は1食800円程度の予定です。

・他の講座受講生で入学金をお支払い頂いた方は、入学金は必要ありませんので40,000円となります。

・最低催行人数に満たない場合は、講座が開催できないことがございます。その場合は返金させて頂きますので、ご了承ください。

・開講確定後は原則として返金等の対応は行っておりません。

定員

15名(最低催行人数 8名)

募集締め切り

2021年4月11日(日)

お申込み

定員に達したため申し込みを締め切りました。

備考

・植物は自然のものですので、状況によっては、扱う植物の種類が変わることがございます。予めご了承ください。

・やむを得ない事情で欠席される場合は、配布資料の送付など必要に応じてフォローさせて頂きますので、ご安心ください。

2021年度 スケジュール

日にち: 4月25日(日)

内容: ・植物の生き方を形姿からみる・植物療法の基本(オンライン:観察・実験・実習付き)
・早春の野草ごはん ・早春の野草のお茶づくり

講師: 村上志緒
佐々木琢子

場所: たまくさ

日にち: 5月16日(日)

内容: ・山の木で家を建てるプロジェクトに携わる大工、川原一三さんによる山の薬草園(岩手町)の見学とお話

講師: 川原一三
佐々木琢子

場所: 岩手町の薬草園

日にち:5月30日(日)

内容:・季節の野草のチンキと軟膏づくり(ドクダミなど)

講師: 佐々木琢子

場所: たまくさ

日にち:6月13日(日)

内容:・季節の植物の蒸留法(ラベンダー、ハマナスなど)

講師: 佐々木琢子

場所: たまくさ

日にち: 8月22日(日)

内容: ・柿渋づくり

講師: 佐々木琢子

場所: たまくさ

日にち: 10月3日(日)

内容:・きのこ王子こと高橋久祐さんのきのこのお話

講師: 高橋久祐
佐々木琢子

場所: 盛岡市外山森林公園

日にち: 11月14日(日)

内容: ・植物成分たっぷりのせっけんづくり
・イチョウの防虫剤づくり

講師: 佐々木琢子

場所: たまくさ

日にち: 12月12日(日)

内容: ・世界各地の面白い薬草の利用(オンライン)
・薬草の足湯、お手当を学ぶ

講師: 新田理恵
佐々木琢子

場所: たまくさ

※各回、出来るだけテーマとは別に季節の草仕事をご紹介します。

・終了時間は各回により多少変更される場合がございます。

・上記は、季節や状況により、内容が変更になる場合があります。

・②5月16日と③5月30日は岩手町の薬草園の状況により、入れ替えになる場合があります。4月中にスケジュールをお知らせします。

▼使う植物は以下のものを考えています。自然のものですので、生育の状況により使用できないものがあることを予めお含みおきください。

フキノトウ、ヨモギ、スギナ、くず、ユキノシタ、タンポポ、カキドオシ、ミツバ、クズ、ヒメジョオン、桑、イノコヅチ、ハマナス、スミレ、桜、ビワ、スベリヒユ、ツユクサ、カラムシソウ、ハコベ、イチョウ、ノビル、ヤマニンジン、ミョウガ、ラベンダー、マロウ、タイム、セージ、レモングラス、レモンバーベナ、ローズマリー、オレガノ、ミント類など

講師

佐々木琢子さん写真

佐々木琢子 (ささき たくこ)

たまくさ主宰

岩手県紫波町にて暮らしのイベントと民泊を営む。足元の植物、身近なハーブを気軽に普段の暮らしに取り入れて暮らす。

岡部賢二氏主宰むすびの会・MI塾(マクロビオティックインストラクター養成講座)終了、ナード・アロマテラピー協会認定インストラクター、日本フラワーエッセンス協会認定セラピスト

Shio

村上 志緒(むらかみ しお)

薬学博士/植物療法家 株式会社トトラボ 代表

株式会社トトラボ代表薬学博士理学修士。早稲田大学及び大学院理工学研究科修了。東邦大学大学院薬学研究科修了。植物療法学(民俗薬草文化、作用機序、特に向精神作用)を研究。

日本、ネイティブアメリカン、そして南太平洋フィジーのハーブ、フィジアンメディスンが研究テーマ。ハーブやアロマテラピーといった植物療法について、自然・生活文化・科学の観点から学ぶ講座を「トトラボ植物療法の学校」にて展開。FijianTradJapanTradのプロダクツを展開。東邦大学薬学部訪問研究員。東京都市大学など非常勤講師。日本メディカルハーブ協会 理事・学術委員会委員長。

著書に『日本のハーブ事典』,『日本のメディカルハーブ事典』(東京堂出版)など。

新田理恵さん

新田理恵(にった りえ)

薬草使/TABEL株式会社 代表

管理栄養士であり国際中医薬膳調理師。

食を古今東西の文化と学問からとらえ、すこやかで慈しみのある食卓を提案する。

2014年から日本の薬草文化のリサーチをはじめ、各地を紡ぎながら伝統茶{tabel}を立ち上げる。2018年より薬草大学NORMも開催する。著書に「薬草のちから(晶文社)」がある。

iOS の画像 (2)-2

髙橋久祐(たかはし きゅうすけ)

盛岡市外山森林公園管理人(きのこマニア)

昭和53年(1978)生まれ 紫波郡紫波町在住

特用林産振興会認定:山菜アドバイザー、きのこアドバイザー、きのこ検定1級、きのこ検定2級、きのこ検定3級

日本菌学会東北支部会員、自然体験インストラクター、岩手県林業作業士、岩手県アグリ管理士、イワテきのこ大祭実行委員会代表。

趣味「日々菌活」「きのこ食べ歩き」「静かな狩り」 きのこインスタ更新中(kyusuketakahashi)

 

「ちょっと伝えたいメッセージ」

とにかく「菌類と自然が好き」で、このような活動をしています。365日きのこTシャツ生活も早10年、現在、約100枚コレクションしています。食べても美味しく、愛でても可愛いきのこ、ひっそりたたずんでいるきのこでも、森の中では大切な役割をしているきのこ達、この講座は「きのこ好き」が増え、菌糸の輪が広がってくれたら嬉しいです。

 

学部の様子

IMG_0628
IMG_0623
IMG_0968
IMG_1167

学部担当

img-takananako

地球のしごと大學

高浜 菜奈子

自己紹介写真

地球のしごと大學

田沼 郁恵