img-takahama
代表

高浜 大介

たかはま だいすけ

1979年生まれ。東京墨田区出身。岩手県田野畑村在住。

立教大学観光学部卒。
株式会社アースカラー 代表取締役社長
NPO法人地球のしごと大學 理事長
大手国際物流企業、人事・教育ベンチャー企業勤務後、2010年に、地球・大地に根ざした職業人「アースカラー」の育成・輩出を手掛ける株式会社アースカラーを設立。また、千葉県佐倉市にて約1ヘクタールの田畑にて無農薬・無化学肥料のお米作りや大豆作り、農業体験などを主とする教育農場「地球のしごと農園」を2016年に立ち上げ。2018年11月より岩手県田野畑村へ家族で移住。地域創生政策企画職を兼務。持続可能な地域創りが後半人生の目標。

stanaka_profile
副代表

田中 新吾

たなか しんご

1986年生まれ。埼玉県入間市在住。

中央大学理工学部卒。卒業後、マーケティングエージェンシーへ入社。グローバル企業から中小企業まで他業種・他業態のマーケティング戦略の立案とその実装やブランディングを手掛ける。現在はコミュニケーションデザインという領域で活動しているコミュニケーション・ディレクター。

2016年から事業推進を行うメンバーとして地球のしごと大學に参画。自伐型林業や伝統的な木造建築を中心に国土の7割を占める森林の持続可能な活用を推進するほか、SDGs時代を意識したクライアント企業のブランディングやマーケティング、クリエイティブディレクションなどをすすめる。

received_2152040661702476
事務局長

石井 祐輔

いしい ゆうすけ

1973年生まれ。福岡県福岡市出身。東京都国立市在住。

慶應義塾大学大学院経営管理研究学科修士取得

株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスにて、グループ監査室長を務めつつ、2018年度11月よりNPO地球のしごと大學の設立を機に、理事&事務局長として参画。

高度経済成長から続く日本の経済成長が低迷する中、金融資本主義を中心とした経済社会、拡大成長を追い続ける企業、大量消費社会から脱却し、豊かさの再定義が必要と感じている。その再定義には、日本の農山漁村で古くから大切にされてきた持続的な、循環する社会への振り返りが必要であると考える。
登山が趣味で地域に触れる機会が多く、地域の魅力を感じており、食・地域・働き方を軸に、豊かさの再定義を探求、自ら副業を実践し、将来的には二拠点生活を目指している。長野県が一番の候補。

坂本さん写真
ファシリテーター&プログラムオーガナイザー

坂本 正樹

さかもと まさき

1970年生まれ。福岡県福岡市出身。東京都在住。筑波大学第三学群社会工学類卒。

PWC(プライスウオーターハウスクーパース)、IBMビジネスコンサルティンサービス株式会社など、外資・内資のコンサルティング会社にて、大企業の全社業務・IT改革に関する企画立案から実現までに一貫して携わる。大規模プロジェクト・マネジメント、プロジェクト型ワークスタイル変革などを得意とする。

近年は本業の傍ら、100年人生を見据えた「農的暮らし」を志し、自ら畑を耕したり、日本各地の農家を訪問し、見聞を深める、「半農半コンサル」を実践。

img-takahama-n

高浜 菜奈子

たかはま ななこ

青森県八戸市出身。千葉県佐倉市を経て、岩手県田野畑村に居住。

大学在学中1年間休学をし、認定NPO法人のカンボジア事務所でインターンシップを経験。現地にて豊かで健やかな地域づくりにおける、第一次産業と日本的価値観や伝統的叡智の重要性を感じ、帰国後の2014年に地球のしごと大學に参画。千葉県佐倉市の里山に居住し、無農薬・無化学肥料のお米や大豆、野菜づくり農家を経験したのち、2018年岩手県田野畑村に移住。趣味は、現在1歳の娘を観察し、関わり方を研究すること。ケの日々を温かくするしごとに関心がある。

img-hagiya

萩谷 祐介

はぎや ゆうすけ

1989年生まれ。千葉県出身、千葉県在住。

東洋大学法学部法律学科卒。 都内にある老舗洋菓子舗にて喫茶業・販売業・海外店舗立ち上げを経験。 消費者意識の高い香港での勤務経験と地球のしごと大學を受講したこと により、消費に依存しすぎない生活を目指す。 NPO地球のしごと大學では”農”の学部を担当し、2019年より自然と共 生する会社の運営を行う。 循環型農法での米・野菜づくり通して自然環境と自分自身にも無理なく 負担の少ない「おたがいさまの関係」を築きたい。”半径10メートル”を 幸せにする農業を模索中。