特別講座の位置づけ

2021年の地球のしごと大學「教養学部」は、終息しない新型感染症の影響を鑑み、例年実施している年間30-40の連続講座は残念ながら中止とさせていただきます。

代わりに「特別講座」として「オンライン単発講座」と「フィールドワーク単発講座」を複数回実施します。

本年はより多くの方に門戸を開き、通常単発では実施していない講座を気軽に受講いただけるチャンスとなりますのでこれを機にぜひお試し受講ください。

受講いただく皆様にとって、これからの「生きる」と「しごと」を創るための何かしらの手掛かりになれば幸いです。

こんな内容の講座です

代替医療とは、現代西洋医療の領域外の医学・医療体系を総称したものです。 

 

東洋医学(漢方、鍼灸など)全般のほか、食養生、プロバイオティクス、呼吸法、太極拳、 波動医学、その他アーユルヴェーダやユナニ医学などの伝統医学からニューサイエンスと 呼ばれている医療としてはまだ認知されていない現代科学的最先端医学まで、幅広い医療 分野を指します。 

 

そして、代替医療のみならず、現代西洋医学も含めて実践する医療が「統合医療」です。 

 

症状だけではなく、その人の性格や暮らしなども含めて診断することから、全人的な医療 、ホリスティック医学と呼ばれることもあります。 

 

統合医療の基本は、ひとりひとりの患者に対し、様々な方面から診ることで多面的に捉え 、最適な医療をコーディネートすることにあります。

 

また、医療へのアクセスも重要です。

 

住んでいる地域に、最良の医療があることが、理想的かつ自然な医療のかたちです。

 

講師は朝霧高原診療所の院長先生である山本竜隆さん。

 

過疎化・高齢化により僻地に医療が届かなくなっている中で、地域医療とインバウンドと絡めた「養生医療」の両輪で、医療の問題に取り組んでいます。 

 

(山本先生が運営される施設のうちの一つ、自然の静的体感施設「富士山静養園(春)」)

 

このご活動を踏まえて、

 

経験的事実として利用される代替医療・自然療法と近代西洋医学とを合わせた「統合医療の可能性」「地域医療の在り方」「コロナ禍を経験した私たちの志向の変化とこれから」などについて議論します。

こんな方にオススメです

  • 地方移住(Uターン、Iターン)や複数拠点の生活を考えている方
  • 医療テーマで地域創生をしたいと考えている方
  • 地域おこし協力隊などで既に農山漁村へ飛び込んでいるが、行き詰まりを感じている方
  • 今すぐに地方移住(Uターン、Iターン)や複数拠点の生活をするつもりはないが、都会的な生活に違和感を感じている方

講座概要

日時

2021年10月2日(土)〜3日(日)1泊2日

場所

静岡県富士宮市 日月倶楽部、富士山静養園

集合場所

日月倶楽部(Sun & Moon Club)

〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭2271

受講料

5,000円

宿泊費

約20,000円(税込)

※受講費用の他に、別途1泊2日の宿泊費(施設利用料込み)がかかります。

※宿泊先は日月倶楽部または富士山静養園になります。参加者が少ない場合はどちらか一方になります。

※地球のしごと大學特別価格で提供いただいています。

定員

15名(最小催行人数8名)

お申込み

こちらのお申込みフォームからお願いします。

募集締め切り

2021年9月1日(水)

主催

NPO法人地球のしごと大學

参考書籍

『自然欠乏症候群ー体と心のその「つらさ」、自然不足が原因です』 著者:山本 竜隆(ワニブックスPLUS新書)

『漢方のプロが教える最高の体調をつくる食事術Kindle版』 著者:山本 竜隆 , 石部 晃子(アスコム)

交通手段

各自で行き・帰りの交通手段を確保してください。

①自家用車

②新富士駅からタクシー乗り合わせ ※新幹線が止まる駅です。

③富士宮駅からタクシー乗り合わせ

④富士宮駅〜路線バス(田貫湖南バス停下車)

オススメ順位「①>②=③>④」

※東京駅〜新富士まで、高速バスもあるようですがコロナの影響で便数が減っているようなのでオススメの中には入れておりません。

※路線バス(富士急静岡バス株式会社)

http://www.shizuokabus.co.jp/noriai-bus_fujinomiya/

※日月倶楽部へのアクセスマップ

https://hitsuki-club.com/facility/index1.html

なお、土曜日の移動になりますためお車での移動の場合は十分に余裕をもった移動をオススメいたします。

その他

・現地までの移動に関しては基本各自ですが、お知り合い同士一緒に来ていただいても構いません。

・二日目の朝散歩で「湧水」を採りますので、お持ち帰りしたい方はペットボトル等の容器(その場ではご用意しているコップで飲みます)

・夕食後に予定している「焚き火カフェ」では少量の飲酒であればOKとしています。ただし、売店があったり自由に買えたりするところではないので、少し荷物にはなりますが飲みたい方は各自準備のうえお持ちください。心身を養生する施設ですのでくれぐれもほどほどにお願いします。

・マスク等の基本的な感染対策は必ずお願いします。

・最小催行人数に満た無い場合は中止の可能性がございます。予めご承知ください。

1日目プログラム(仮)

13:30

日月倶楽部現地集合、チェックイン、体質別煎じ茶用チェックシート、宿泊費の徴収

14:30

講義会場着(暦@日月倶楽部)

15:00~18:00

山本先生講義:「地域創生の統合医療 = 医学モデル+社会モデル」 〜リトリートはウエルネスのみならず、生活担保としての場〜

18:30〜19:30

夕食・薬膳茶(日月倶楽部)

19:30

焚火カフェ(日月倶楽部)

20:30

入浴・自由行動 *静養園宿泊の方、静養園へ移動

22:00

就寝

2日目プログラム(仮)

6:00

富士山からの日の出(日月倶楽部)〜 静養園に移動 〜朝の散歩・湧き水取り(静養園)

8:00

朝食(日月倶楽部)

8:00~9:00

自由行動

9:00〜9:30

YaoyaLaboへ移動

9:30〜11:00

YaoyaLabo、さやけし、田んぼなど見学

11:00

解散

・天候によりコンテンツの変更または前後の入れ替えなどがあります。

・正式なプログラムについては受講生確定後、受講生毎にアナウンスさせていただきます。

講座の様子

yaoyalabo
osanpo
tanbo
maki
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
seiyouenfuyu
wakimizu
ohanashi

講師

yamamoto-san

山本 竜隆(やまもと たつたか)

朝霧高原診療所 院長・昭和大学医学部客員教授・WELLNESS UNION(富士山静養園・日月倶楽部)代表

1966年神奈川県生まれ。聖マリアンナ医科大学、昭和大学医学部大学院卒業。

内科研修、医学研究の後、アンドルー・ワイルが主催する米国アリゾナ大学医学部統合医療プログラムAssociate Fellow(2000年~2002年)をアジアで初めて修了。

その後、統合医療ビレッジグループ総院長(東京・四谷)、JA中伊豆温泉病院内科医長、(株)小糸製作所静岡工場診療所所長・産業医などを経て現職。自ら湧き水や薪での生活をしつつ、地域医療とヘルスツーリズムの両輪で、地域モデル構築を目指している。

また“自然欠乏症候群”を通して、現代人の自然体験と健康維持の重要性を指導している。

富士箱根伊豆国立公園内であり富士山麓の20000坪を有する滞在施設「日月倶楽部」では、関連施設の「富士山静養園」と共にヨガや瞑想などのマインドフルネスや、企業の健康管理者への指導など、雄大な自然環境に身を置いて行う各種滞在プログラムを提供している。

講座担当

stanaka_profile

NPO法人地球のしごと大學 副代表

田中 新吾(たなか しんご)