こんなことやります

1年を通して、持続可能な循環型農業を学びます。

農薬や化学肥料は一切使用せず、雑草や米ぬか、落ち葉などを肥料とし極力その土地に在るものを使います。水や土壌、空気や虫まで、本来有るべき循環の輪を取り戻し、より環境に寄り添った農業が可能となります。
現在、市場で主に流通している形の揃った安価な野菜などの大半は農薬・化学肥料・交配種(F1)を使った農法によりを大量に作られたものです。しかし、これらは毎年、資材や種を新たに買い足し与えなければ、成り立たない農法でもあります。本来あるべき微生物の力や自然界の循環の輪、野菜の個性がそこにはありません。
私たちは”種から野菜を育て、種をとる”というサイクルを大切にしたいと考えています。

講師は、日本全国で大人気の出張セミナーを展開する岡本よりたかさんです。科学・化学の観点から自然界の摂理、原理原則から理解することを重視したカリキュラムとなっています。

 

●岡本先生が紹介されている良記事です。

 

「すべての命は種から始まる――「たねのがっこう」の岡本よりたかさんが、「タネとり」をすすめる理由」

 

●岡本先生フェイスブック

 

https://www.facebook.com/yoritaka.okamoto

 

学習効率の高いアクティブラーニング(※)を意識し、講座では活発な意見交換を促し、講座日の直後に共有区画にて協働作業日を設け、学んだことを実践します。講座では浮かばなかった質問や理解できていないポイントが浮かび上がり、フェイスブックグループ上で講師の岡本さんからフィードバックを得ることができます。より深い学びを得ることが可能です。
加えて、育てた野菜をマルシェで販売する機会も講座内で予定しており、「どんな野菜なら売れるのか?」「どうすれば売れるのか?」「適正価格とは?」などについても岡本さんより指導いただき、実際に循環農業にて稼ぎを得る手法を考える場も組み込んだ実践的な内容となっております。

 

(※)アクティブラーニングとは・・・
学習者が受動的となってしまう授業を行うのではなく、能動的に学ぶことができるような授業を行う学習方法です。具体的には講師による一方的な指導ではなく、学習者による体験学習や教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークを中心とするような授業のことを指します。

こんな方におススメです

  • 自給自足をしてみたい方
  • 将来、小さな農業をしながら田舎暮らしがしたい方
  • 将来、少量多品種栽培での専業農家を目指したい方
  • 野菜栽培の原理原則を知りたい方
  • 野菜の販売実践をしてみたい方 など

受講するとこんな良いことがあります

  • 岡本よりたか先生から直接指導を受けることができる
  • 自身で栽培したものを販売する経験を積むことができる
  • 種にまつわる法律について正しく理解できる
  • 座学だけではなくしっかり作業して実践的な学びを深めることができる (講座日の直後に共有区画にて協働作業日を設け、学んだことを実践します。講座日には浮かばなかった質問や理解できていないポイントが浮かび上がり、フェイスブックグループ上で岡本さんからフィードバックを得ることができます。より深い学びを得ることが可能です)
  • 共有区画で栽培した野菜を持ち帰ることができます

2019年度 募集要項

講座のゴール

循環農業に関する理論を理解し、畑さえあれば栽培を一人で実践できる状態になる

期間

2019年2月23日~2019年11月16日(プレ講座含む全10回)

場所

千葉県佐倉市直弥公園付近の畑(詳細は現地にて案内します。)

【車の場合】

東関東自動車道 佐倉ICより 5分 

【電車の場合】

JR総武本線 佐倉駅よりバスにて19分、バス停「工団中央」より徒歩20分。

JR総武本線 南酒々井駅よりバスにて12分、バス停「大作二丁目」より徒歩15分。

京成本線 京成佐倉駅よりバスにて30分、バス停「工団中央」より徒歩20分。

時刻表はコチラです。※「神門線」「南部地域ルート」を参照ください。

 

使用するであろうバスの乗車駅・時刻・降車場所などをまとめましたので、こちらもご確認ください。

平日バス時刻表

土日祝日バス時刻表

費用

110,000円/10回(入学金10,000円+受講料100,000円)
※家族同伴価格 70,000円/10回 ※他の講座受講生で入学金をお支払い頂いた方は、入学金は必要ありませんので100,000円となります。

NEW!<2019年4月以降途中からの参加の方>
入学金10000円+1回参加10000円

定員

20名(最小催行人数15名)

募集締め切り

基本的に先着順です。募集期間は設定しておりますが、定員に達し次第終了です。お早めにお申 し込みください。

お申込み

こちらのフォーマットからお申し込みください

2019年度 カリキュラム

2/23(土)

テーマ:※プレ講座、オリエンテーション(春・夏野菜の種の選定/何を作り食べるのか?)

3/21(祝・木)

テーマ:無肥料栽培の基礎と畑設計(種蒔き)

3/23 (土)

テーマ:※ 作業日(畑しごと)

4/29(祝・月)

テーマ:無肥料栽培の土づくり、苗づくり

5/20 (月)

テーマ:夏野菜の定植と種蒔きのコツ、販売の企画及びレクチャー

5/25 (土)

テーマ:※ 作業日(畑しごと)

6/17(月)

テーマ:定植した苗の虫対策&病気対策、管理の仕方について
(秋・冬野菜の種の選定/何を作り食べるのか?)

6/29 (土)

テーマ:※ 作業日(畑しごと)

7/15(祝・月)

テーマ:野菜の手入れ、草の管理、冬野菜の苗作り 収穫祭~夏編~

7/20 (土)

テーマ:※ 作業日(畑しごと)

8/12(祝・月)

テーマ:夏野菜の収穫タイミングと成長の考察、秋野菜の定植と種蒔きと虫対策(種蒔き)

8/17(土)

テーマ:※ 作業日(畑しごと)

9/23(祝・月)

テーマ:夏野菜の種どり方法、冬野菜の定植と病気対策

10/12 (土)

テーマ:※ 作業日(畑しごと)

10/14(祝・月)

テーマ:夏野菜から秋冬野菜への切り替え、冬野菜の手入れ

11/16(土)

テーマ:秋冬野菜の手入れ、収穫と保温、1年の総まとめ
収穫祭~秋冬編~

※該当日は、岡本よりたか先生不在となります。

 

・毎回の講座時間は、10:00~16:00を予定しております。終了時間は各回により多少変更される場合がございます。

・年2回を予定する『収穫祭』はみんなで収穫した野菜を使い調理し”いただく”プチイベントです。尚、収穫時期については変動があるため、日程の変更も有り得ます。

・マルシェ出店の日程は決まり次第お知らせします。

・循環農業は「こうすればこうなる」という単純な世界ではありません。時に農業知識以外の幅広い知識も必要になります。講座日だけではしっかり理解することが難しいこともありますので、学習書籍を使って当該講座日に取り扱うテーマの予習をお勧めします。より一層学習効果を高めます。

・講座内にてグループで振り返りの時間を取ることで学びを深める仕掛けも取り入れていきます。

途中参加も可能です。お問い合わせページからご相談くださいませ。

講師

img-okamoto

岡本 よりたか(おかもと よりたか)

1958年福井県生まれ。

無肥料栽培家・環境活動家/空水ビオファーム 代表/株式会社 岡本商店 代表取締役たねのがっこう 主宰。

TVディレクター時代、取材を通して、農薬、除草剤、肥料が環境にもたらす破壊的ダメージを知り、また、ITエンジニア時代に体調を壊し、40歳半ばで、山梨県北杜市にて、無農薬、無肥料、無除草剤、自家採種の小麦や野菜の栽培を始める。

 

無肥料栽培の普及、遺伝子組み換え種子の危険性の啓蒙ために、全国各地にて年間150回ほど、無肥料栽培セミナーや講演を開催。また、シティファーマー構想を立ち上げ、家庭菜園ワークショップも積極的に展開している。

現在は、岐阜県郡上市にて、農業スクール及びシードバンク「たねのがっこう」を運営。

  • 「種は誰のものか」(キラジェンヌ出版)

  • 「無肥料栽培を実現する本」(マガジンランド)

  • 「野菜は小さい方を選びなさい」(フォレスト出版)

  • 「不自然な食べものはいらない」(廣済堂出版) 内海聡、野口勲、岡本よりたか共著

  • 「新説異説 農業と食糧支配」

メイン教材

岡本書籍画像

2011年3月11日の原発事故以来、食の安全に気づく人たちがとても増えています。他人任せの食材では、本当の安全は手にできないと考え、自ら野菜を栽培するという意識に目覚めています。岡本よりたか氏が無肥料栽培セミナーを開始してから3年の間に、栽培法を知りたいと全国からひっきりなしにオファーが届き、北は北海道、南は沖縄まで飛んで、年間100回近くのセミナーを開催しています。受講者の数は、延べで年間3000人。フェイスブックのフォロワーは2万人を超えるほど注目を集めています。無肥料栽培セミナーではテキストを配布していますが、そのテキストだけでも手に入れたいと多くの方がら連絡をいただいており、岡本よりたか氏独自の確立された無肥料栽培テクニックは、体系化し、多くの人に届けるべきという声があります。そこで、このセミナーの内容を書籍化が実現しました。(Amazonより引用)

学部の様子

thumb-junkan-1
thumb-junkan-2
junkan-3
thumb-junkan-4
thumb-junkan-5
thumb-junkan-6
thumb-junkan-7
thumb-junkan-8

実習農場地

junkan-img-01
junkan-img-02

参加者の声

img-okumura

40代 治療家

循環型農業学部を受講したきっかけは整体という仕事がら食事や栄養に興味があり、有機栽培でなく自然栽培とい…

img-kato

30代 公務員

どうやって無肥料で野菜が育つのかを知りたい。単純な好奇心が受講のきっかけでした。野菜は農薬や化学肥料がな…

img-hara

20代 会社員(メーカー勤務)

私が循環型農業学部の受講を決めたのは、簡単に言ってしまえば会社の異動で来てしまった東京から逃亡したかった…

学部担当

img-hagiya

地球のしごと大學/株式会社アースカラー

萩谷 祐介(はぎや ゆうすけ)