募集概要

岩手県九戸村で、伝統工芸として継承され、世界から愛される南部箒の職人、事業継承者を募集します。既に全国にファンを持つ、南部箒の未来を一緒に創造できる非常に貴重なチャンスです。

九戸村はこんなところです

 

九戸村は、岩手県北上山系の最北端、面積134㎢、その70%以上を山林原野で占める農山村です。

移ろう季節の美しさ、風光明媚な景色が自慢です。

春の雑木林には多種多様な草花や山菜が芽吹き、夏には100万匹とも言われるヒメボタルの大群生が折爪岳を彩ります。

実りの秋には四方八方の山々が美しく紅葉し、村の産直施設では収穫祭が開かれ、

冬にはスキーやかんじき体験などの雪遊びが楽しめます。

九戸の美しさは、歴史と住民の精神性にも裏打ちされています。

 

飢饉が頻発した江戸時代、岩手の県北でも多くの犠牲者を出しましたが、九戸村では一人も餓死者が発生しませんでした。

その理由は、生活の知恵として、一般的には食用ではなかったもの(百合の根・どんぐりなど)の扱いを知っていたこと、その知識を広く知らしめることで、一人でも犠牲者をなくそうという共助の精神が、九戸の人々の根底にあったことにあります。

 

自然と人間との共存、自然から授けられる知恵を脈々と受け継いできたことで生まれた造形の美しさは、

九戸にしか出せない味となって現在も人々を魅了します。

 

また、かつて戦国時代最後の戦いとして豊臣秀吉と戦った戦国の英傑、九戸政實公ゆかりの九戸神社や首塚などの史跡も数多く残っています。

天下統一を目論む秀吉の軍勢65,000人に対し、5000人で決起した政實のように、

自らの行く末は自らで決める、という力強い精神性と気風が今も九戸の人々の魂に根付いています。

 

豊かな森、世界屈指の生産量を誇る甘茶、風土に根付いた伝統工芸、

今も受け継がれる郷土芸能など、豊かな農村資源、文化・伝承に恵まれ、

自然との共生の中で暮らしを作り上げてきた、そんな村です。

 

自然と共に逞しく生きる、魅力的な事業、人々が確かに九戸を支える一方で、

人口減少や地域交流の鈍化に伴い、古来より醸成されてきた文化や精神の灯火が弱りつつあります。

世界に誇れる九戸村の情景を未来へ残していくために、

今できることを一緒に考え、共に創り上げてくれる仲間を募集いたします。

伊保内高校と九戸村

伊保内高校は福岡高等学校の定時制分校として開校して以来、70年の歴史を持つ普通科高校です。

 

現在は新規入学者が20名程度と小規模ではありながら、部活動が盛んであり、特に地域の文化・伝承である江刺家神楽は、「県高校総合文化祭」や「同郷土芸能発表会」など数々の郷土芸能の大会に出場し、入賞を果たしております。

全校生徒70名弱のうち、江刺家神楽に参加している生徒は15名程度、実に2割以上の生徒が九戸の伝統芸能に高校生のうちから関わっていることになります。

この背景には、地域の伝統芸能を絶やすまいとして地域住民で結成された保存会の全面的な協力と指導があります。

地元農家での稲作体験や苗づくりなども体験授業として取り入れられており、九戸でしか経験できない高校生活の基盤となっています。

 

教員、保護者に加えて、地域の大人の学校教育への関わりが自然に生まれることで、生徒と地域の間での絆や郷土愛、文化・伝承への興味関心に寄与しています。

伊保内高校と地域の魅力化

伊保内高校には 部活動、文化活動、地域事業者との関わりなど、様々な取り組みやチャレンジをする土壌があります。

しかしながら人口減少や少子化の波は今後無視することはできません。

 

 

生徒数の減少とともに、生徒を支える教員数も減少しています。そのような状況下において、今後も上記のような取り組みを継続していくためには、高校自体の魅力をより高めながら、同時に県外の小中学生へのPR活動も行う必要があります。そしてそれを実現するには、伊保内高校教員、保護者、地域の大人と共に伊保内高校を盛り上げてくれるコーディネーターの存在が不可欠です。

 

部活動に関わっている住民の他にも、九戸村には熱意を持ったカッコいい大人たちがたくさんいます。天然広葉樹の森を管理する国内随一の林業チーム、古来より続く伝統工芸の職人、立体農業(中山間地の限られた土地を立体的に利用し、果樹・家畜を有機的に取り入れた山村農業)の実践者、日本一の甘茶生産者達など……。しかし現在、その全てと学校が密に関われているわけではありません。今後は、学校生徒が地域の様々な大人達とコミュニケーションをとることで、村全体で生徒をサポートできるような体制を整えていきたいと思います。またそうすることで、地域住民も生徒から成長の糧を受け取れる、そんな交流の中心地として、伊保内高校を盛り上げていきたいと考えています。 

教職員経験や資格は不問です。

 

九戸村村民と伊保内校生の様々なチャレンジを全力で応援、共に走ってくれる方のご応募をお待ちしております。

募集要項

募集内容

県立伊保内高校の生徒による地域活動のサポート

主に上記の業務を想定していますが、本人の関心が高い分野があれば、面談のうえ、本人の希望を優先いたします(複数の分野にまたがっても可能です)。

募集人数

3名以上

採用・活動開始予定時期

令和3年4月1日

募集対象者

次の全ての要件に適合する方を対象とします。

(1)令和3年3月31日時点で18歳以上の方

(2)九戸村に居住し、住民票の異動ができる方

(3)現在、過疎地域(過疎地域自立促進特別措置法に指定された過疎及びみなし過疎、一部過疎の地域)に居住していない方 ※総務省HP参照

(4)普通自動車運転免許を有する方(AT限定可)

(5)日頃からパソコン、スマートフォンを使用している方

(6)九戸村民と協力して、地域を元気にできる意欲的な方

勤務・雇用条件

(1)雇用関係の有無 有

(2)主たる勤務場所 九戸村内(九戸村役場又は公共的施設)

(3)雇用形態・期間 九戸村会計年度任用職員として村が雇用(1年契約とし3年を限度とする。)

(4)勤務日・勤務時間 原則週5日 8:30~17:15(昼休憩1時間)

ただし、業務により、土日祝日勤務又は夕方以降の勤務もあります。

(その場合、振替休日又は振替時間休取得となります。)

給与及び福利厚生

(1)報酬月額 188,700円(賞与年2回)※昇給なし

(2)社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険加入

(3)住居   村が用意しています。ただし、自らの負担でその他の住宅を探しても構いません。

(4)活動車両 任期中、軽自動車又は軽トラックを村が用意します(生活に必要最低限での私事使用可)。

(5)兼業従事 地域おこし協力隊員としての業務の延長である場合、又は著しく業務の支障をきたさない場合に限り兼業を認めます。

申込方法・申込〆切

(1)次の申込書類を提出のこと。

①九戸村地域おこし協力隊応募用紙(別紙)

②作文「地域おこし協力隊として取り組みたいこと」(任意様式400字以上)

(2)書類提出先は、次のとおり

〒028-6502

九戸村伊保内10-11-6

九戸村役場 総務企画課 宛

(3)書類提出の締切は、令和3年2月8日(月)とし、当日必着のこと。

選考審査及び採用方法

(1)書類審査により、1次選考通過者を決定し通知します。

(2)1次選考通過者を対象に、おおむね次の日程で面談を行います。

(3)面談は九戸村内で行うこととし、住居地から九戸村までの往復交通費及び宿泊費は、実費で村が支給します。なお、事情により、どうしても来村できない場合は、オンラインで面談を行うことがあります。

(4)上記の面談を踏まえ、採用の可否及び業務内容を決定し、通知します。

着任方法

(1)着任に係る引っ越し費用(着任交通費、引っ越し代金、備品購入費)は、20万円を限度に村が経費を補てんします。

(2)令和3年4月1日に辞令交付式を行う予定ですので、前日までに引っ越し等を完了してください。

お問合せ先

九戸村総務企画課 電話0195-42-2111 内線171・172(担当:関口)