日本橋映画祭×地球のしごと大學 『港町』上映会 想田監督オンライントーク付き!

イベント内容

2019年2月3日(日)に「地球のしごと大學シネマ上映会」を開催いたします。

映画の鑑賞はもちろん、鑑賞後に参加者の皆様で『港町』について語り合いたいと思います。ニューヨーク在住の想田監督にも、ビデオ通話でトーク・質疑応答のお時間をいただく予定です。また、希望者には舞台となった岡山県牛窓に因んだ食事をご用意しております。大都会のど真ん中で、地域の共同体に生きることの美しさ・儚さを見つめてみませんか?

こんな方にオススメです

  • 社会問題、環境問題について気軽に学びたい
  • 上映会を通じて、共通の興味・関心を持った人と交流したい
  • 上映後に感想を共有したり、社会問題について語りたい
  • 地球のしごと大學の活動内容に興味があるがまずは気軽に参加してみたい

イベント概要

日時
2019年2月3日(日) 9:45〜14:00(受付開始9:30)
場所
サイボウズBar
住所
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階(受付)
アクセス
東京メトロ銀座線・東西線、都営地下鉄浅草線:「日本橋駅」B6出口直通
東京メトロ半蔵門線・銀座線:「三越前駅」B6出口より徒歩3分
JR:「東京駅」八重洲北口より徒歩10分
参加費
1,800円(映画のみ)、3,000円(ランチ付き)
定員
40名
申込み
こちらのお申込みフォームからお願いします。
主催
日本橋映画祭×地球のしごと大學

上映会タイムテーブル

09:25〜
受付開始
09:45〜
ご挨拶、上映作品紹介
10:00〜
『港町』上映
12:05〜
休憩、ランチ準備
12:15〜
感想共有、ランチ
12:45〜
想田監督トーク
13:45〜
地球のしごと大學案内
14:00〜
終了

※ランチにつきましては、牛窓の気象条件等でメニューが変更となる場合がございますので、詳細は後日の公開となります。またその場合、ランチ付きの参加費(上限3000円)、タイムテーブルについても変更させていただく可能性があります。何卒ご了承いただけますと幸いです。

上映作品概要

比類なき映画体験。ドキュメンタリーの驚天動地。

美しく穏やかな内海。小さな海辺の町に漂う、孤独と優しさ。やがて失われてゆくかもしれない、豊かな土地の文化や共同体のかたち。そこで暮らす人々。静かに語られる彼らの言葉は、町そのもののモノローグにも、ある時代のエピローグにも聞こえる。そして、その瞬間は、不意に訪れる……。

監督は、イタリア、カナダ、中国などでレトロスペクティブが組まれるなど、国内外で高い評価を受ける映画作家・想田和弘。ベルリン国際映画祭2018への正式招待が早々と決まった本作は、作品を重ねるごとに進化を続ける「観察映画」の新境地であり、同時に、現代映画のひとつの到達点である。しかし、我々は、この映画体験の美しさと比類のなさとを語る言葉を未だもてずにいる。あなたは、どうか?

『港町』公式HP

地球のしごと大學「シネマ部」と 地球のしごと大學シネマ

地球のしごと大學のシネマ部では、「地球のしごと大學シネマ」と銘打ち、現代社会が抱えている問題や、失いつつある価値観をテーマとした映像作品の上映会を実施しています。

映画の鑑賞だけでなく、監督や関係者をお呼びしてのゲストトーク、参加者同士での感想共有・意見交換、舞台となった場所へのフィールドワークなど、映画に因んだワークショップにより、同じ興味・関心を持つ仲間同士が出会い、社会問題への理解をより深められる場を創っていきます。

部員は各自の興味に沿って、映画上映会の企画を行うことが可能となっています。上映作品・上映場所の選定から、配給会社との調整、プログラム作成、当日運営まで、皆で協力して会を作り上げていきます。イベント当日は、来客受付、司会進行、感想共有・質疑応答時のファシリテーション、ゲスト対応など、イベントの場作りについての経験を積むこともできます。

前回の地球のしごと大學シネマの様子

●2018年11月3日(土)「世界でいちばん美しい村」開催レポートはコチラ

みなさまのご来場、一同心よりお待ちしております!

日程:2019年2月3日(日)
時間:9:45~14:00(受付開始9:30)
定員:40名

Copyright 2018 chikyushigotodaigaku All Rights Reserved.