募集概要

元普代村村長の和村氏が暮らしていた格式高い古民家を「改修」して、村外の人や村民が行き交う「ゲストハウス&カフェ」を開業したい「ご家族」を募集しています!

岩手県普代村はこんなところです!

岩手県普代村(ふだいむら)は、岩手県北部沿岸北緯40度のところにある農山漁村です。

 

太平洋に臨む沿岸地区は、標高約150mの海岸段丘、三陸復興国立公園を代表する豪壮雄大な断崖絶壁が連なり、圧巻の自然美・造形美を造りだしています。

 

 

黒崎展望台から眺める真下のネダリ浜から太平洋に広がる眺望は、開放感溢れる雄大な景色として知られており、この地から眺めると太平洋の海と空と水平線とが一体となって、その青の色の美しさは世界の海と空に繋がることから、普代が「青の国」と呼ばれるようになりました。

 

 

人口は約2,600人、面積は69.66k㎡で県内では最も小さな村ですが、県庁所在地の盛岡市からは車で2時間となり、道中では岩手の素晴らしい四季を堪能することができます。

 

夏は、三陸北部海岸特有の冷涼なヤマセの影響により避暑地ともなり、冬は、三陸沿岸部は降雪も少なく暮らしやすい自然環境と言えるでしょう。

 

産業は、三陸の豊かな自然の恵みがもたらす「水産業」が基幹産業となり、「秋鮭定置網漁」、「養殖ワカメ」、「養殖コンブ漁」が盛んで、特に太平洋の外洋で養殖される普代のコンブは肉厚でやわらかく、加工した「すき昆布」は村の特産品となっています。

 

 

農林業においては、冷涼なヤマセを活かした「ほうれんそう」や品質の良い「しいたけ」の栽培が盛んです。

 

黒崎園地、普代水門、割澤鉄山跡地がスポットとなっている「三陸ジオパーク」、三陸復興国立公園をトレッキングできる「みちのく潮風トレイル」、伝統芸能では、国の重要無形民俗文化財に指定される「鵜鳥神楽」などを有しており、観光地としても非常に優れた評価をこれまでもいただいてきました。

 

村の中央部にある商店街は、今の時代となっては珍しいほどに活気に溢れています。精肉店、菓子屋、靴屋、美容院、化粧品店、居酒屋、ガソリンスタンド、スーパーが一体となって商店街を夜まで盛り上げてくれているのは村が未来に誇れる一つの光と言えます。

元普代村村長が暮らしていた格式高い古民家を改修して、「ゲストハウス&カフェ」を開業できます!

岩手県普代村には15メートル超の高さを誇る「巨大な水門」があります。

 

東北一」と呼ばれ、東日本大震災の大津波を遮り、普代村を守りました。

 

この水門は、1947年から10期にわたり普代村の村長を務め、1997年10月に88歳で亡くなった「和村幸得氏」の「津波から村を守る」という強い意志によって建設されました。

 

この村にそんなに大きな水門は必要がない」といった反対の声があがるなか、意思を貫いて建設まで漕ぎ着けた和村氏に、村民からの感謝の言葉と敬意の念は尽きません。

 

そして、米ギズモードなど海外の大手メディアでも取り上げられるなどして、世界からも称賛される功績になりました。

 

そんな後世に語り継がれることを成した普代村の元村長が、暮らしの拠点として使っていたお家が「和村家住宅」です。

 

和村家住宅は、村の中でもとりわけ良縁なコミュニティと言われる「黒崎地区」にあります。

 

外観はもちろんのこと、家全体が檜材作りの周り廊下で囲まれ、所々に渋みのある太い梁があり、未だに綺麗な古箪笥などの家具の佇まいが、格式の高さを窺わせます。

 

キッチン、トイレ、お風呂などの水回りも少しの改修で十二分に価値を発揮してくれるでしょう。また、外の畑や側を流れる小川は子供にとっての格好の遊び場であり、裏庭の「巨大なガレージ」は大人の好奇心を擽り、想像力が掻き立てられます。

 

しかしながら、今現在の和村家住宅は、いわゆる空き家状態で、価値を持て余しているばかりか、このままではやがては朽ち果ててしまうでしょう。

 

そこで、和村家住宅に新たな息吹を吹き込み、村外の人や村民が行き交う「ゲストハウス&カフェ」を開業したい「ご家族」を募集することに至りました。

 

開業に必要な改修費は「村が全額補助」しますので、和村の想いに共感してくださるご家族にぜひご応募いただきたく思っています。

ゲストハウス&カフェとして広々使えるキッチンスペース

wamura③

キッチン後のスペース天井には太い複数本の檜梁

wamura④

家全体が檜材作りの周り廊下

wamura⑤

和村家住宅図面(1F・2F)

wamurazumen

こんなご家族にオススメです

  • ゲストハウス&カフェを開業したいご家族
  • 古民家を活用した事業を行いたいご家族
  • 周囲の自然が豊かで庭のある大きな一軒家に住みたいご家族
  • 地域にある風土や歴史を大切にしたいご家族
  • 人が行き交う場をプロデュースしたいご家族
  • 全国どこでも好きなところに勤務できる会社にお勤めのご家族
  • どこでも仕事ができるポータブルなスキルをお持ちのご家族

 

全てを満たす必要はもちろんありません。

感覚で良さそうと思ったご家族からのご応募をお待ちしております!

普代村を盛り上げているゆかいな皆さん

kogawasan

古川美加子さん(キャッツアイ)

普代村で20年以上続く社交場「キャッツアイ」の女将。

男性も女性も、老若男女みんなの心が安らぐ空間づくりがモットー。

長年の経験によって培われたサービス論は必見です。道の駅のすぐとなりで村の交流を一緒に盛り上げてくれます。

kamikanda

上神田敬二さん(上神田精肉店)

商店街で輝く一番星。

丁寧で真摯な接客とアイデアの光る商品開発、コスプレデーやSNSによる情報発信でファンをつくり、思わず「また来たい」「また食べたい」と思ってしまうお店づくりに励んでいます。

肉屋店主で料理人である一方、音楽家の側面も持ち町のお巡りさんらと組んでバンド活動で村全体を盛り上げています。

 

上神田精肉店HP

kaneshime

金子太一さん(カネシメ水産)

県内でも数少ない神経締め師で、その技術と経営センスでカネシメ水産を支える重要人物。

締めれば締める程に面白くもなり難しくもなるのが神経締め。

「こうすればいい」という答えはないと言い切り、より美味しい魚を全国に届けたいと常に進化に向かっています。

 

カネシメ水産HP

応募について

応募にあたって、以下二つの窓口をご用意しておりので、ご興味のある方はお気軽にご連絡いただきご希望を教えていただければと思います。

①Web面談

もう少し情報収集をしたい

 

考えていることが実現できるのか聞いてみたい

 

というご家族向けに、Zoomを使って30分〜1時間のオンライン面談(無料)を行います。

 

ご希望される方は「chikyunoshigoto@gmail.com」までお気軽にご相談ください。

②現地ご案内

実際に和村家住宅を見てみたい

 

普代村の方と話がしてみたい

 

というご家族向けに、和村家住宅と普代村をご案内する現地ツアーを計画いたします。

 

詳しくは「chikyunoshigoto@gmail.com」までお気軽にご相談ください。

伴走者

採用された方は、NPO法人地球のしごと大學/株式会社アースカラーの高浜と田中が伴走支援いたします。

daisuketakahama

高浜 大介 (たかはま だいすけ)

1979年生まれ。東京墨田区出身。岩手県田野畑村在住。

株式会社アースカラー 代表取締役社長。NPO法人地球のしごと大學 理事長。一般社団法人燈 代表理事。

 

立教大学観光学部卒。大手国際物流企業、人事・教育ベンチャー企業勤務後、2010年に、地球・大地に根ざした職業人「アースカラー」の育成・輩出を手掛ける株式会社アースカラーを設立。

また、千葉県佐倉市にて約1ヘクタールの田畑にて無農薬・無化学肥料のお米作りや大豆作り、農業体験などを主とする教育農場も展開(2020年現在は地球のしごと大學卒業生へ委譲)。

 2018年12月に「地球のしごと大學」をアースカラーから独立させ、NPO法人地球のしごと大學設立。同時に岩手県田野畑村へ家族で移住。田野畑村と高浜大介の2者にてむらづくり合弁会社、一般社団法人燈(ともしび)を創業。

都心からの移住希望者の受け皿を作り、地域と協調してサステナブルな地域社会経済のモデル創りを過疎地から挑戦中。二女の父。

stanaka_profile

田中 新吾(たなか しんご)

1986年生まれ。埼玉県在住。

株式会社アースカラー。NPO法人地球のしごと大學 副理事長。一般社団法人ECEF 代表理事。

中央大学理工学部卒。卒業後、マーケティングエージェンシーへ入社。グローバル企業から中小企業まで他業種・他業態のマーケティング戦略の立案とその実装やブランディングを手掛ける。

現在は、アースカラーと地球のしごと大學に軸足を置きながら、SDGsに取り組む企業やローカル事業者の、新たな価値の発見や再定義(ValueDesign)、言語化やデザインによる価値の見える化(ValueCreative)、価値に人が集まる仕組みづくり(ValueMarketing)に精力的に取り組んでいる。