山間地民俗と世界農業遺産 ~椎葉村の焼き畑農業とそば打ち体験~

本講座のみ主催団体:フォレストピア高千穂郷ツーリズム協会 協力:株式会社アースカラーとなります。

講義内容

「高千穂郷・椎葉山地域」は、2015年12月15日、その世界農業遺産(※)に国内6地域目として認定されました。険しく平地が少ない山間地において、針葉樹と広葉樹で構成されるモザイク林等による森林保全管理、伝統的な焼畑農業、急斜面に築かれた500km超の水路網を有する棚田の米作りなどの複合的農林業システムと神楽など特色ある伝統文化があることが、認定の理由です。
今回の講義では、その高千穂郷・椎葉山地域に行き、LOHASを日本に広めたことで有名な大和田順子さんにこの世界農業遺産、そして高千穂郷・椎葉山地域についてお話頂きます。また、日本で唯一伝統的な焼畑農業を続けてきた椎葉村の椎葉家の山村にて、年に一度の火入れを見せて頂きます。伝統的な暮らしを守り繋いできた方々を訪問し、そこに住む人々とその地域に残る伝統農法や知恵、地域システム=「民族」を学びます。また、翌日はそば打ち体験を行い、椎葉の食を楽しみます。
(※)世界農業遺産(英語: Globally Important Agricultural Heritage Systems、GIAHS、ジアス)とは、伝統的な農業と、農業によって育まれ維持されてきた土地利用(農地やため池・水利施設などの灌漑)、技術、文化風習、風景、そしてそれを取り巻く生物多様性の保全を目的に、世界的に重要な地域を国連食糧農業機関(FAO)が認定するものです。2002年に国連食糧農業機関により開始されました。
大和田さんの参考記事はこちらです!→山あいの青空に昇る竜。椎葉村の焼き畑・火入れ ー 世界農業遺産 高千穂郷・椎葉山地域の新たなとりくみ(第2回)ーhttp://www.nhk.or.jp/chiiki-blog/600/250929.html

 

日程 開催場所
2018年8月3日(金)〜4日(土) 宮崎県椎葉村

スケジュール

8月3日(金)
9:00~12:00 焼畑 火入れ見学
12:00~    蕎麦種まき、直会
8月4日(土)
8:00~9:00 講義 大和田順子氏
9:00~13:00 講義 椎葉勝氏 & 蕎麦打ち体験

 

講師プロフィール

大和田順子

一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス 共同代表
東急百貨店、東急総合研究所、ザ・ボディショップ等を経て2006年4月に独立。2002年に日本にLOHAS(ロハス)を紹介。各地の農山村で企業と地域をつなぎ、課題の解決を目指すCSVプロジェクトをデザイン。有機農業や生物多様性を核とした地域づくりに情熱を注ぐ。

一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス(LBA)共同代表、立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科「サステナブル・コミュニティ論」兼任講師、環境カウンセラー/消費生活アドバイザー、農林水産省・世界農業遺産専門家会議委員/総務省、地域資源・事業化支援アドバイザー/JST-RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」領域アドバイザーなど務める。

主な著書:『ロハスビジネス』(2008年、朝日新書)
『アグリ・コミュニティビジネス』(2011年、学芸出版社)他

 

課題図書



『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』  著者:内山節

かつては、日本のキツネが暮らしている地域では、人がキツネにだまされたという話は日常のごくありふれたもののひとつだった。それも、そんなに昔の話ではない。キツネに悪さをされた。キツネに化かされた。そういった話は、いまから五十年くらい前の二十世紀半ばまでは、特にめずらしいものではなかった。…ところが一九六五年頃を境にして、日本の社会からキツネにだまされたという話が発生しなくなってしまうのである。一体どうして。本書の関心はここからはじまる。そのことをとおして、歴史学ではなく、歴史哲学とは何かを考えてみようというのが、本書の試みである。(amazonより)

本講座の主催団体

フォレストピア高千穂郷ツーリズム協会