my大豆&味噌づくり


 

こんなことやります

my大豆畑は、個人区画約7.5坪を使って大豆をつくり、収穫し、味噌づくりまで行う部活動です。
通常の直播き(じかまき)による栽培と、故岩澤信夫氏が残した【へそ曲がり大豆栽培法】という技術も学び、比較実験を行います。【へそ曲がり大豆栽培法】は慣行栽培の2-3倍の収量が見込める大豆の栽培方法です。
日本人の食卓の中心にあるお米と大豆。ご飯と味噌汁の食事は、わたしたち日本人が一番ホッとできる食事ではないでしょうか。日本の大豆自給率は5パーセント程度。現在は無農薬栽培の大豆はほとんど手に入りません。自分で作る大豆と大豆製品(味噌、豆腐、豆乳、醤油、納豆など)は今後食料としても商品としても貴重なものになるでしょう。
岩澤信夫氏とは・・・「不耕起移植栽培」の普及に尽力し、環境問題に一石を投じるとともに、日本の農業のあるべき姿を模索し続けた。功績により第42回吉川英治文化賞受賞。

へそ曲がり栽培による苗           根粒菌いっぱい。328鞘も取れました

 

こんな方にオススメです

・大豆の自給をしたい。自分の育てた大豆で味噌を作りたい。
・将来は「半農半X」に挑戦したい。

※my田んぼを受講の方はぜひ同時受講を検討ください。希望する方は、12月の味噌づくり時には自分で作ったお米での米麹を使い、自分で作った大豆で正真正銘の「手前味噌」を作ることもできます。これほどの贅沢は無いですよ!

募集要項

開催期間 2018年6月~12月
受講料 ●25,000円
※my大豆畑0.25畝(約7.5坪、約25m2)を利用できます。約5㎏の大豆収量を目指します。
※全6回(鳥井講師の指導2回含む作業日5回、味噌づくり1回 麹づくり指導などもご案内する場合があります)
※12月の味噌作りワークショップに関しては材料代を別途徴収します。
定員 最大10名
募集期間 定員になり次第募集締め切ります。
お申し込み後、1週間以内にご入金頂くことで申込確定となります。
場所 千葉県佐倉市直弥地区(詳細は現地にて案内します。)
 

車の場合: 東関東自動車道 佐倉ICより 5分
電車の場合: JR総武本線 榎戸駅よりバスにて約10分 バス停は「直弥新田」です。
時刻表はこちらです。
http://www.city.sakura.lg.jp/cmsfiles/contents/0000018/18049/nanbutiiki.pdf
「第三工業団地停車場~榎戸駅」ルートを参照ください。
 

お申込み こちらのフォームからお申し込みください。

 

カリキュラム・日程の詳細

日程 内容
6/23(土) 大豆種まき、畑準備、へそ曲がり大豆栽培講義①
7/15(土) 草取り、へそ曲がり大豆栽培講義②
8/4(土) 土寄せ、追肥、草取り
10/6(土) 成長確認、枝豆試食会
11/10(土) 収穫・乾燥、輪作としての小麦栽培について
12/1(土) 脱穀・選別
12/8(土) 味噌づくり

時間は基本的に10:00~15:00までとなります。
お昼ごはんは各自お持ちください(歩いて7-8分の場所にコンビニエンスストアはございます)。

へそ曲がりでの苗づくり             枝豆による試食

ラストは手前味噌づくり
 

講師

<鳥井報恩 とりいほうおん> へそまがり大豆栽培講師 

日本不耕起栽培普及会/監事、NPO法人未来農業研究センター/理事
元千葉県立旭農業高等学校教諭
2001年から不耕起栽培の岩澤信夫氏に師事し、同氏の技術を継承、普及に努めている。
 

説明会

説明会情報を見る

募集期間

定員になり次第終了
申し込む