地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年11月12日

手仕事・民藝 ~日本の職人精神と民衆による「用の美」の追求~

手仕事・民藝 ~日本の職人精神と民衆による「用の美」の追求~

♦♦ 講座概要 ♦♦

 
民藝とは1926(大正15)年に柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司らによって提唱された生活文化運動です。当時の工芸界は華美な装飾を施した観賞用の作品が主流でしたが、柳宗悦たちは、農山漁村の名も無き職人の手から生み出された日常の生活道具を「民藝(民衆的工芸)」と名付け、美術品に負けない美しさがあると唱え、美は生活の中にあると語りました。そして、各地の風土から生まれ、生活に根ざした民藝には、用に則した「健全な美」=「用の美」が宿っており、新しい「美の見方」や「美の価値観」が有ります。
本講座では、東京都目黒区にある日本民藝館を見学し、見学後には感想の共有を行います。ファシリテーターの高浜から「日本の職人精神」についてお話し、ディスカッションを通じて日本の伝統的な手仕事とその精神について理解を深めます。
 
 

日時
2017年11月12日(日)
場所
日本民藝館(東京都目黒区)

 

♦♦ 施設案内 ♦♦

mingei

日本民藝館

日本民藝館は、「民藝」という新しい美の概念の普及と「美の生活化」を目指す民藝運動の本拠として、1926年に思想家の柳宗悦(1889-1961)らにより企画され、実業家で社会事業家の大原孫三郎をはじめとする多くの賛同者の援助を得て、1936年に開設された。

所蔵品のほとんどは、柳宗悦の審美眼を通して蒐められたもので、日本および諸外国の新古諸工芸品約17,000点を数える。中でも、朝鮮時代の陶磁器・木工・絵画、丹波・唐津・伊万里・瀬戸の日本古陶磁、東北地方の被衣(かつぎ)や刺子衣裳、アイヌ衣裳やアイヌ玉、大津絵、木喰仏、沖縄の陶器や染織品、英国の古陶スリップウェアなどは、質量ともに国の内外で高い評価を受けている。また、民藝運動に参加したバーナード・リーチ、濱田庄司、河井寛次郎、芹沢銈介、棟方志功ら工芸作家の作品も収蔵している。(公式HPより)

 

♦♦ 課題書籍 ♦♦

民藝
『民藝とは何か』  著者:柳宗悦
 
民家、民具、民画、民器……日常生活の中にある「下手(げて)の美」の発見。
「民藝」とは、民衆が日常に使う工藝品である。民家、民具、民画を総称して「民藝」と呼ぶ。「民藝品たること」と「美しく作りたること」には、固い結縁があり、質素こそが慕わしい徳である。このように清貧の美を説いた筆者の理念とは?昭和の初頭に創始され、現在にまで受けつがれる「民藝運動」の精髄を知るための格好の入門書。 (amazonより)

 

募集要項      申し込みバナー

 

▶ 地球のしごと教養学部2016 卒業生の声はこちら!


その他の地球のしごと教養学部

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月02日

農山漁村の民衆精神 ~「里」の思想とは何か~

♦♦ 講座概要 ♦♦   近代的世界は「ローカルであること」を解体しながら普遍的な世界 […]

農山漁村の民衆精神 ~「里」の思想とは何か~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月09日

新国富指標 ~豊かさの定義を変える経済指標と地方創生~

♦♦ 講座概要 ♦♦   富の偏在、環境・資源の限界などの問題がいっそう深刻化していく […]

新国富指標 ~豊かさの定義を変える経済指標と地方創生~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月16日

高校魅力化 ~離島から未来を描く~

♦♦ 講座概要 ♦♦   日本全国の農山漁村で過疎が進行していますが、特に、地元の高校 […]

高校魅力化 ~離島から未来を描く~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月23日

地域包括ケアから地域共生社会へ ~より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けて~

♦♦ 講座概要 ♦♦   日本は今、超高齢社会を迎えています。65歳以上の人口は、現在 […]

地域包括ケアから地域共生社会へ ~より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けて~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月30日

AI(人工知能)が変える社会・経済 ~シンギュラリティの到来~

♦♦ 講座概要 ♦♦   2030年頃、AI(人工知能)の発達によりほとんどの職業が人 […]

AI(人工知能)が変える社会・経済 ~シンギュラリティの到来~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年05月07日

貨幣と日本的仕事観・労働観 ~「温かい貨幣」の行きかう半市場経済に向けて~

♦♦ 講座概要 ♦♦   人生の長い時間を費やす仕事や労働。仕事や労働の在りようは、そ […]

貨幣と日本的仕事観・労働観 ~「温かい貨幣」の行きかう半市場経済に向けて~

  地球のしごと大學とは?


地球のしごと大學とは、地球上の問題を解決するポスト近代に必要な「しごと」の学び舎です。

人類が次のステージへと進むためには、近代の価値観や枠組みを超えた「ポスト近代の価値観と枠組み」を創造する必要があります。

私たちのアプローチは、日本の伝統的な価値観と近代合理主義の利点を上手に掛け合わせたローカルまたはグローカルなしごと=「地球のしごと」(暮らし・稼ぎ・務め)によって構成されるオルタナティブなライフスタイルの創造と実践です。

  お問い合わせ


地球のしごと大學
〒285-0065 千葉県佐倉市直弥
E-mailアドレス
infoアットマーク(@に変えてください)earthcolor.org

Copyright © 2017 地球のしごと大學 AllRIGHTS RESERVED.