地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年07月23日

固定種・在来種のタネ ~タネを守ることは、命を繋ぐこと~

固定種・在来種のタネ ~タネを守ることは、命を繋ぐこと~

♦♦ 講座概要 ♦♦

 

昔から農民は、種を撒き、野菜を育て、種を取って、翌年にまたその種を撒く、というサイクルを繰り返してきました。これを自家採取種と言います。そうして採られた種は、その土地の気候風土やその土地で遭遇する病害虫対策に合った(順化した)、固定種の地方野菜となります。種は国外から、または日本の中で伝播し、伝播した先で育てられ、自家採取されることで、その土地に固有の種として根付いていきました。

しかし、高度経済成長期以降、日本中の種が、形質が均一で雑種強勢が働く(系統が遠く離れた雑種の一代目は、生育が早まったり、収量が総代したりする)一代雑種(F1)に代わってしまいました。大量生産・大量消費社会の中で、規格が揃っていた方が、経済効率性が高いのです。また、最近では雄性不稔という技術が使われ、機能性農作物などという野菜まで出てきました。これらの技術はいったいどういうことなのでしょうか。

種が無ければ、作物は作れません。まさに「種を守ることは、生命を繋ぐこと」です。国内唯一、固定種の種のみを扱う種苗店三代目主人野口勲さんから、F1技術が抱えるリスク、自家採取をして伝統野菜を守り育てる大切さを学びましょう。

 

日時
2017年7月23日(日)
場所
総合区民センター 第二研修室

 

♦♦ 講師プロフィール ♦♦

 
noguchi

野口勲さん

 

タネ屋の三代目。73才。埼玉県飯能市の野口のタネ/野口種苗研究所代表。

店を継ぐ前は、虫プロダクション出版部員として、故手塚治虫氏の代表作『火の鳥』の初代担当編集者だった。(30歳を契機に現職)

食糧生産の源である種子が、限られた企業に独占される状況に危機感を持ち、F1種子やGMO種子の危険性や、固定種による自家採種の大切さを訴えている。

著書に『タネが危ない』(日経新聞出版社)、『いのちの種を未来に』、『固定種野菜の種と育て方』(ともに創森社)などがある。

 

♦♦ 課題書籍 ♦♦

たね
『タネが危ない』  著者:野口勲
 
手塚治虫『火の鳥』初代編集者となり、我が国で唯一、固定種タネを扱う専門店三代目主人が、日本農業を席巻するF1(一代雑種)技術が抱えるリスクを指摘、自家採種をし、伝統野菜を守り育てる大切さを訴える。(amazonより)
 

 

募集要項      申し込みバナー

 

▶ 地球のしごと教養学部2016 卒業生の声はこちら!


その他の地球のしごと教養学部

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月02日

農山漁村の民衆精神 ~「里」の思想とは何か~

♦♦ 講座概要 ♦♦   近代的世界は「ローカルであること」を解体しながら普遍的な世界 […]

農山漁村の民衆精神 ~「里」の思想とは何か~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月09日

新国富指標 ~豊かさの定義を変える経済指標と地方創生~

♦♦ 講座概要 ♦♦   富の偏在、環境・資源の限界などの問題がいっそう深刻化していく […]

新国富指標 ~豊かさの定義を変える経済指標と地方創生~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月16日

高校魅力化 ~離島から未来を描く~

♦♦ 講座概要 ♦♦   日本全国の農山漁村で過疎が進行していますが、特に、地元の高校 […]

高校魅力化 ~離島から未来を描く~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月23日

地域包括ケアから地域共生社会へ ~より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けて~

♦♦ 講座概要 ♦♦   日本は今、超高齢社会を迎えています。65歳以上の人口は、現在 […]

地域包括ケアから地域共生社会へ ~より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けて~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月30日

AI(人工知能)が変える社会・経済 ~シンギュラリティの到来~

♦♦ 講座概要 ♦♦   2030年頃、AI(人工知能)の発達によりほとんどの職業が人 […]

AI(人工知能)が変える社会・経済 ~シンギュラリティの到来~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年05月07日

貨幣と日本的仕事観・労働観 ~「温かい貨幣」の行きかう半市場経済に向けて~

♦♦ 講座概要 ♦♦   人生の長い時間を費やす仕事や労働。仕事や労働の在りようは、そ […]

貨幣と日本的仕事観・労働観 ~「温かい貨幣」の行きかう半市場経済に向けて~

  最新情報

2017年5月21日

【自伐型林業を学ぼう!】6月25日(日)池袋にて自伐型林業フォーラムを開催します!

<開催概要> NPO法人自伐型林業推進協会(本部:東京都新宿区、代表理事 中嶋健造)、日本自動ド […]

【自伐型林業を学ぼう!】6月25日(日)池袋にて自伐型林業フォーラムを開催します!

2017年3月1日

≪現場見学会≫ こめまめ学部、無肥料栽培学部、my田んぼ

今日から3月。雨水の末候「草木萠動(そうもくめばえいずる)」です。 柔らかな春の日差しを受け、足 […]

≪現場見学会≫  こめまめ学部、無肥料栽培学部、my田んぼ

2017年2月13日

<農業学びたい方向け>こめまめ・無肥料栽培・my田んぼ、3プログラム募集中です!

2017年も立春を迎え、いよいよ農業の季節がスタートします。 地球のしごと大學では、現在3つの農 […]

<農業学びたい方向け>こめまめ・無肥料栽培・my田んぼ、3プログラム募集中です!

ツイッター
フェイスブック

  地球のしごと大學とは?


地球のしごと大學とは、地球上の問題を解決するポスト近代に必要な「しごと」の学び舎です。

人類が次のステージへと進むためには、近代の価値観や枠組みを超えた「ポスト近代の価値観と枠組み」を創造する必要があります。

私たちのアプローチは、日本の伝統的な価値観と近代合理主義の利点を上手に掛け合わせたローカルまたはグローカルなしごと=「地球のしごと」(暮らし・稼ぎ・務め)によって構成されるオルタナティブなライフスタイルの創造と実践です。

  お問い合わせ


地球のしごと大學
〒285-0065 千葉県佐倉市直弥
E-mailアドレス
infoアットマーク(@に変えてください)earthcolor.org

Copyright © 2017 地球のしごと大學 AllRIGHTS RESERVED.