地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年11月26日

命を頂くということ ~生態系の中にヒトを位置づける~

命を頂くということ ~生態系の中にヒトを位置づける~

♦♦ 講座概要 ♦♦

 

唐揚げ、焼き鳥、親子丼・・・。私たちの食卓に当たり前のように登場する鶏肉は、「食べもの」です。しかし、数日前までは、鶏という「生きもの」でした。いったいどの時点で、どのように、「生きもの」が「食べもの」に変わったのでしょうか?

産業が高度化した現代では、生産と消費の現場の距離が開き過ぎています。お米や野菜、そしてお肉も例外ではありません。普段、私たちの多くは、「生きもの」ではなく「食べもの」として鶏肉を購入して調理して食べたり、お店で食べたりしています。しかし、その鶏肉も、生きものとしての鶏を誰かが殺し、誰かが捌いてくれたおかげで、店頭にパック詰めの「鶏肉」として並んでいるのです。

そこで、生産の場を理解するために、自らの手で鶏を絞めて、さばいて、食べるというワークショップを行います!ワークショップでは、まずは鶏を捕まえるところから始めます。絞めて、毛をむしって、ご自身の手で「生きもの」から「食べもの」へと変えていただきます。

平飼いで健康に育った鶏のお肉は、一般的に食べられているブロイラー鶏のお肉とは比べものにならないほどの美味しさです。当日は、さばいた鶏肉と、買ってきた鶏肉の食べ比べも行います。シンプルに塩コショウの味付けだけで焼いた鶏肉を食べ、弾力や旨みの違いなどを実感してください。
また、生態系の中にヒトを位置づけて、家畜と一緒に循環型の生活をしている加藤さんから、「かとうさんち」の活動や地球と暮らすことについてのご講義もあります。

 

日時
2017年11月26日(日)
場所
山梨県都留市

 

♦♦ 講師プロフィール ♦♦

 
kato

加藤大吾さん

 

冒険教育/環境教育を行うNPO法人「国際自然大学校」を2001年に退職後、東京都世田谷区にて「アースコンシャス」設立、長野県飯山市にて「まだらお自然学校」設立を経て2005年に都留に住まいを定める。愛・地球博にて森の自然学校・里の自然学校チーフ、地球市民村プログラムコーディネーターを務めながら、都留の山林を友人たちと開拓し、2006年に一棟目が完成。「かとうさんち」と命名する。

ピースフルライフワーカーを肩書きとし、「幸せ感あふれる生き方の実践者、提案者」として、パーマカルチャーを基本においた農的暮らしと学びの場づくりを行う。企業の社員研修や地元・都留文科大学との協働事業、自らの家を開放して母と子の自然体験を行う「ははとこCafé」、「地球と人に優しい暮らし体験」などの主催事業、執筆活動など、活動は多岐に渡る。「かとうさんち」は、2008年に家畜小屋が完成し、にわとりと羊を飼育。2009年に田んぼを始めお米、麦、大豆を中心に生産している。2010にはNPO法人都留環境フォーラムを設立するなど、今も進化し続けている。

詳細はこちら▶かとうさんち
 

♦♦ 課題書籍 ♦♦

地球に暮らそう
『地球に暮らそうⅡ:豊かに暮らす知恵と術』  著者:加藤大吾
 
森の中に家族で移住して循環する持続可能な暮らしを志してみたら、一体なにが起こったのか?…森暮らしでは家畜や野生生物、季節の移ろいに寄り沿って野良仕事の時間が流れる。いつもの自然からのメッセージに気づかされる。気づきから暮らしに変化が生まれる。そしてまた、気づかされる。このサイクルは螺旋状に巻かれ“豊かな暮らし”という本質に少しずつ近づいていく。(amazonより)

 

募集要項      申し込みバナー

 

▶ 地球のしごと教養学部2016 卒業生の声はこちら!


その他の地球のしごと教養学部

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月02日

農山漁村の民衆精神 ~「里」の思想とは何か~

♦♦ 講座概要 ♦♦   近代的世界は「ローカルであること」を解体しながら普遍的な世界 […]

農山漁村の民衆精神 ~「里」の思想とは何か~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月09日

新国富指標 ~豊かさの定義を変える経済指標と地方創生~

♦♦ 講座概要 ♦♦   富の偏在、環境・資源の限界などの問題がいっそう深刻化していく […]

新国富指標 ~豊かさの定義を変える経済指標と地方創生~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月16日

高校魅力化 ~離島から未来を描く~

♦♦ 講座概要 ♦♦   日本全国の農山漁村で過疎が進行していますが、特に、地元の高校 […]

高校魅力化 ~離島から未来を描く~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月23日

地域包括ケアから地域共生社会へ ~より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けて~

♦♦ 講座概要 ♦♦   日本は今、超高齢社会を迎えています。65歳以上の人口は、現在 […]

地域包括ケアから地域共生社会へ ~より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けて~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月30日

AI(人工知能)が変える社会・経済 ~シンギュラリティの到来~

♦♦ 講座概要 ♦♦   2030年頃、AI(人工知能)の発達によりほとんどの職業が人 […]

AI(人工知能)が変える社会・経済 ~シンギュラリティの到来~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年05月07日

貨幣と日本的仕事観・労働観 ~「温かい貨幣」の行きかう半市場経済に向けて~

♦♦ 講座概要 ♦♦   人生の長い時間を費やす仕事や労働。仕事や労働の在りようは、そ […]

貨幣と日本的仕事観・労働観 ~「温かい貨幣」の行きかう半市場経済に向けて~

  地球のしごと大學とは?


地球のしごと大學とは、地球上の問題を解決するポスト近代に必要な「しごと」の学び舎です。

人類が次のステージへと進むためには、近代の価値観や枠組みを超えた「ポスト近代の価値観と枠組み」を創造する必要があります。

私たちのアプローチは、日本の伝統的な価値観と近代合理主義の利点を上手に掛け合わせたローカルまたはグローカルなしごと=「地球のしごと」(暮らし・稼ぎ・務め)によって構成されるオルタナティブなライフスタイルの創造と実践です。

  お問い合わせ


地球のしごと大學
〒285-0065 千葉県佐倉市直弥
E-mailアドレス
infoアットマーク(@に変えてください)earthcolor.org

Copyright © 2017 地球のしごと大學 AllRIGHTS RESERVED.