地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年05月07日

貨幣と日本的仕事観・労働観 ~「温かい貨幣」の行きかう半市場経済に向けて~

貨幣と日本的仕事観・労働観 ~「温かい貨幣」の行きかう半市場経済に向けて~

♦♦ 講座概要 ♦♦

 

人生の長い時間を費やす仕事や労働。仕事や労働の在りようは、その人間の幸福度に密接に関わります。貨幣とは何なのか?日本の民衆が持っていた仕事観・労働観、そして対価としての金銭との関係性とはどのようなものか?

経済第一優先で、違和感のある現代の労働観を越えるためのヒントは、内山氏の語る「温かい貨幣」「冷たい貨幣」などにあるかもしれません。日本の農山漁村での仕事や労働に対する考え方、価値観を紐解きつつ、「おすそ分け」の贈与経済から、近年注目されているソーシャルビジネスまで、私たちが未来に求めるべき仕事の在りようについて考えます。

 

日時
 2017年5月7日(日)
場所
東京都内

 

♦♦ 講師プロフィール ♦♦

 
内山節

内山 節さん

哲学者立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授(2015年定年にて退任)。特定非営利活動法人森づくりフォーラム代表理事。
1950年、東京生まれ。1970年代から東京と群馬県上野村の二地域を往復する生活を営み、自ら畑を耕し、里山に囲まれた農村の暮らしを通して、自然と労働の思想を問い続ける実践的な哲学者として知られている。自然論・労働論・共同体論などを専門とし、立教大学大学院教授、東京大学講師などを歴任。東北農家の会、九州農家の会などでも講師を務める。主な著書に「ローカリズム原論」「文明の災禍」「共同体基礎理論」「清浄なる精神」「里という思想」「自然と労働」「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」などがある。
 
 
 

♦♦ 課題書籍 ♦♦

貨幣の思想史
『貨幣の思想史:お金について考えた人々』  著者:内山節
 
本書はペティからケインズにいたるまでの経済学者の苦悩のあとを辿りつつ、貨幣の背後にある資本主義社会の架空性=虚妄性をえぐり出す。著者のこれまでの、今の人間の生き方の空しさを告発する一連の仕事に貴重な一環をつけ加えた労作である。現代を理解する鍵となる好著である。 (amazonより)


エンデの遺言
『エンデの遺言:根源からお金を問うこと』  著者:河邑厚徳
 
『モモ』『はてしない物語』などで知られるファンタジー作家ミヒャエル・エンデが日本人への遺言として残した一本のテープ。これをもとに制作されたドキュメンタリー番組(1999年放送/NHK)から生まれたベストセラー書籍がついに文庫化。忘れられた思想家シルビオ・ゲゼルによる「老化するお金」「時とともに減価するお金」など、現代のお金の常識を破る考え方や、欧米に広がる地域通貨の試みの数々をレポートする。(amazonより)


戦争という仕事
『戦争という仕事』  著者:内山節
 
仕事がこわれていく。そんな感覚が今日の私たちのなかにはある。…なぜそうなってしまったのだろう。その原因のひとつが今日の市場経済の仕組みにあることは確かだ。…今日の市場経済と結んでいる人間のあり方、国家、社会、世界のかたち、それらと不可分の関係にある近-現代思想がその背後にはある。いわば私たちは、近-現代史のひとつの到達点として、疲れと、虚しさと、他者に尊重されることのない自己満足に包まれた仕事のなかに身をおくようになった。そのことが、私たちの社会や精神をどのように変容させているのか。(本書より)


半市場経済
『半市場経済:成長だけでない「共創社会」の時代』  著者:内山節
半市場経済:市場に依存し利益の最大化をめざすのではなく、また市場をすべて否定するのでもなく、生活者としての感性・感覚を事業活動にあてはめ、よりよき働き方やよりよき社会をつくろうとする目的をもって営む経済のこと。「志」と「価値観」を共有することで、充足感と多幸感をもたらす新たな社会のかたちの創造でもある。
競争原理の市場経済に関わりながらも、より良い働き方やより良き社会をつくろうとする「半市場経済」の営みが広がり始めている。志と価値観の共有が働くことの充足感をもたらす、共創社会の時代を遠望していく。 (本書より)

 

募集要項      申し込みバナー

 

▶ 地球のしごと教養学部2016 卒業生の声はこちら!


その他の地球のしごと教養学部

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月02日

農山漁村の民衆精神 ~「里」の思想とは何か~

♦♦ 講座概要 ♦♦   近代的世界は「ローカルであること」を解体しながら普遍的な世界 […]

農山漁村の民衆精神 ~「里」の思想とは何か~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月09日

新国富指標 ~豊かさの定義を変える経済指標と地方創生~

♦♦ 講座概要 ♦♦   富の偏在、環境・資源の限界などの問題がいっそう深刻化していく […]

新国富指標 ~豊かさの定義を変える経済指標と地方創生~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月16日

高校魅力化 ~離島から未来を描く~

♦♦ 講座概要 ♦♦   日本全国の農山漁村で過疎が進行していますが、特に、地元の高校 […]

高校魅力化 ~離島から未来を描く~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月23日

地域包括ケアから地域共生社会へ ~より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けて~

♦♦ 講座概要 ♦♦   日本は今、超高齢社会を迎えています。65歳以上の人口は、現在 […]

地域包括ケアから地域共生社会へ ~より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けて~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年04月30日

AI(人工知能)が変える社会・経済 ~シンギュラリティの到来~

♦♦ 講座概要 ♦♦   2030年頃、AI(人工知能)の発達によりほとんどの職業が人 […]

AI(人工知能)が変える社会・経済 ~シンギュラリティの到来~

地球のしごと教養学部

 

開催日:2017年05月13日

現代西洋医学と代替医療を合わせた「統合医療」の可能性 ~地域医療の現場から~

♦♦ 講座概要 ♦♦   代替医療とは、現代西洋医療の領域外の医学・医療体系を総称した […]

現代西洋医学と代替医療を合わせた「統合医療」の可能性 ~地域医療の現場から~

  最新情報

2017年2月13日

<農業学びたい方向け>こめまめ・無肥料栽培・my田んぼ、3プログラム募集中です!

2017年も立春を迎え、いよいよ農業の季節がスタートします。 地球のしごと大學では、現在3つの農 […]

<農業学びたい方向け>こめまめ・無肥料栽培・my田んぼ、3プログラム募集中です!

2017年1月23日

地球のしごと教養学部2017募集を開始いたしました!

地球のしごと大學のメイン講座「地球のしごと教養学部」の募集を開始しました。 第一次募集の期間は、 […]

地球のしごと教養学部2017募集を開始いたしました!

2017年1月22日

農園幹部社員・しごと大學インターン募集!!

♦ 農業生産法人「地球のしごと農園」 幹部候補社員募集    ※東京から近い千葉県佐倉 […]

農園幹部社員・しごと大學インターン募集!!

ツイッター
フェイスブック

  地球のしごと大學とは?


地球のしごと大學とは、地球上の問題を解決するポスト近代に必要な「しごと」の学び舎です。

人類が次のステージへと進むためには、近代の価値観や枠組みを超えた「ポスト近代の価値観と枠組み」を創造する必要があります。

私たちのアプローチは、日本の伝統的な価値観と近代合理主義の利点を上手に掛け合わせたローカルまたはグローカルなしごと=「地球のしごと」(暮らし・稼ぎ・務め)によって構成されるオルタナティブなライフスタイルの創造と実践です。

  お問い合わせ


地球のしごと大學
〒285-0065 千葉県佐倉市直弥
E-mailアドレス
infoアットマーク(@に変えてください)earthcolor.org

Copyright © 2017 地球のしごと大學 AllRIGHTS RESERVED.