終了

 

開催日:2016年08月20日

自伐型林業家養成学部第二期(2016/8月~12月)

自伐型林業家養成学部第二期(2016/8月~12月)

募集開始!!お申し込みはお早めに!!休日コース(土日)はあと残席1名です!

日本は国土の7割を森林が占めています。中山間地域では8~9割が森林です。「地方創生」に取り組むならば、林業の再興、国産木材の有効活用こそ最重要課題。数ある林業の方式のなかでも、環境保全型で低コスト、参入が容易な「自伐型林業」が日本全国に広がりつつあります。
2016年2月より、埼玉県飯能市で関東初の自伐型林業家養成学部が「地球のしごと大學」にてスタートしています。
大好評にて開催中の同学部、第二期生を募集します!!!
自然の中で暮らしたい、田舎で仕事を創りたいという方、三方良し(環境・地域・林業者)の自伐型林業をあなたの仕事にするチャンス到来です。

自伐型林業とは・・・

    これまで推進されてきた「所有と施業を分離した、森林組合や業者に施業を委託する施業委託型林業」と異なり、小規模の限られた森林の永続管理と、その森林から持続的に収入を得ていく林業です。森林の経営や管理、施業を山林所有者や地域が自ら行う、自立・自営型のごくごく普通であり当たり前の林業です。副業でも専業でも収入をしっかり得ることが可能です。収入を上げる施業(専業では年収400万円以上)と良好な森づくりを両立させる、地域に根ざした非常に優れた環境保全型林業です。次世代の地球環境のためにも人生をかけて取り組むに値する魅力あふれる職業と言えるでしょう。

自伐型林業の詳細はNPO法人自伐型林業推進協会をご覧ください。

 

開催概要

講座のゴール 自伐型林業に関する基本的な現場知識と現場技術について見聞し学び、自伐型林業を今後実践していくための基礎が固まる(修了証の授与は全日程のうち8割の講座出席が必要)
期間 2016年8月20日~12月20日(1泊2日x5回=10日間)
場所 自動ドア技術学院
〒357-0123 埼玉県飯能市大字中藤下郷字並木294-3
アクセス:飯能駅前より国際興業バス(04・05系統 新寺経由 中藤行きまたは中沢行き)にて天神橋下車。
所要時間:バス20分+徒歩1分
電話:(042)970-3211 FAX:(042)970-3201
コース 休日コース(土日)と平日コース(月火)に2コースを開催します。
※休日コース(土日)はあと残席1名です!
費用 98,000円/1人 保険料込み、宿泊・飲食費用は別途。
1日単位での単発受講も可能です。費用は学部入学金10,000円+1日当たり10,000円の参加料を頂戴します。
定員 15名(最少催行人数8名)
事前学習教材 『New自伐型林業のすすめ』(全国林業改良普及協会)
お申込み こちらのフォーマットからお申し込みください 入学を迷ってらっしゃる方などご相談はinfo@earthcolor.orgまで。ご希望に応じて面談させて頂き自伐型林業についてや、学部の説明をさせて頂くことも可能です。
また、全日程参加の方を優先しますので、単発でのお申し込みの方は締切日を過ぎて空きがある
場合のみ受講可能となります。

カリキュラム ※上段が休日(土日)コース、下段が平日(月火)コース

日時 講座内容 講座詳細 講師
8月20日・21日
(土・日)9:00~16:00
8月22日・23日

(月・火)9:00~16:00
チェーンソー < チェーンソー作業特別教育講習>
チェーンソー取扱い技術及び実技についての基本的な技術を習得します。教科書を使った座学とチェーンソーを使って材木を切断する実習を行います。
チェーンソー特別教育修了者の資格を得られます。)
菊池俊一郎
9月17日・18日
(土・日)9:00~16:00
9月19日・20日

(月・火)9:00~16:00
伐倒と搬出① 伐倒および搬出実技。伐倒技術を中心に行います。
さまざまな立木の伐倒を1人づつ順に実施します。
菊池俊一郎
10月8日・9日
(土・日)9:00~16:00
10月10日・11日

(月・火)9:00~16:00
伐倒と搬出② 伐倒および搬出実技。搬出技術を中心に行います。
土佐の森方式である軽架線と林内作業車を活用して材木を山から運び出します。
中嶋健造
山口祐助
11月12日・13日
(土・日)9:00~16:00
11月14日・15日

(月・火)9:00~16:00
山林の見方、山林経営、作業道敷設1 実際に山歩きをしながら自伐型林業経営を行う上での山林の見方、奈良県吉野方式の長期的な森林経営についての学習、作業道敷設についての路線&実技講習を行います。 岡橋清隆
12月17日・18日
(土・日)9:00~16:00
12月19日・20日

(月・火)9:00~16:00
作業道敷設2、
個別経営相談
ユンボ試乗講習と復習を兼ねた搬出実技、日本全国各地の自伐型林業実践事例の紹介とともに各人がこれから実践していくための個別相談を行います。 岡橋清隆
中嶋健造

注記

●講座の単発参加(1日単位)も可能です。上記費用欄をご参照ください。
●作業道敷設研修ではユンボによる実践学習を行います。ユンボの基本操作方法には習熟しておいてください。(免許が絶対必要というわけではありません。見学だけでも構いません。あくまで作業道づくりの学習を有意義にするためにユンボの基本操作能力が必要という意味です。)いずれにしましても、卒業後、本格的に自伐型林業を始めるためにはユンボとユンボ操作能力が必要です。3t~3.5tのユンボが必要となります。
●受講生には傷害保険に加入していただきます。手続き、費用につきましては、主催者で行います。各自用意していただくものは、筆記用具、作業しやすい服装(長袖着用)、手袋、長靴(スパイク付きをお勧めします。)、雨天時の雨具、昼食・飲み物などです。
●受講生は自動ドア技術学院内にて無償にて宿泊いただけます(飲食代は別途となります)。ただし女性の宿泊は別途ご相談ください。場合によってはお近くのビジネスホテルや旅館などをお勧めいたします。

 

講師陣

<カリキュラム全体統括>
■中嶋健造(なかじま けんぞう)
1962年生まれ。高知県いの町在住。
NPO法人土佐の森・救援隊理事長。持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業推進協会理事長。愛媛大学大学院農学研究科修了。著書に「バイオマス収入から始める副業的自伐林業」全国林業改良普及協会。その他、農山漁村文化協会、全国林業改良普及協会、大日本山林会等の雑誌執筆多数。
鳥取大学地域学部非常勤講師(平成21 年度~)、内子町小田深山保全・活用検討委員会委員(平成19年度~)、中国四国バイオマス発見活用協議会委員(平成21年度~、農林水産省中国四国農政局)総務省・地域の元気創造本部有識者会議委員(平成24年度~)、総務省・地域力創造アドバイザー(平成26年度~)
IT、経営コンサルタント、自然環境コンサルタント会社を経てフリーに。平成15年、NPO法人土佐の森・救援隊設立に参画し、現在理事長。山の現場で自伐林業に驚き興味を持ち、地域に根ざした環境共生型林業が自伐林業であることを確信し、「自伐型林業+シンプルなバイオマス利用+地域通貨」を組み合わせた「土佐の森方式」を確立させ、真の森林・林業再生、中山間地域再生、地域への人口還流等のために、自伐型林業及び土佐の森方式の全国普及にまい進している。
中嶋さんプロフィール

 
■岡橋清隆(おかはし きよたか)
奈良県橿原市在住、1952(昭和27)年生まれ
吉野林業地で代々山林を経営する清光林業株式会社相談役(創業家)。山林は約1,900haを所有し、日本を代表する林業経営者。
吉野林業再生のためには路網整備と直営化(自伐化)の必要性を痛感し、1979年所有林で作業道づくりに取り組むが、大規模崩壊が発生し中断。翌年道づくりの講師として吉野を訪れた大橋氏と出会い、「自伐施業するなら教える」と言われ、自伐化(直営化)することを約束し、師事。氏の指導のもと、自らが現場に立って先の崩壊地の道を修復。以来、作業道づくりの実績を積み上げ、伝統ある林業地で新しい山林経営を行っている。
吉野林業の伝統である長伐期択伐施業を守り、間伐(多間伐を繰り返し、1階の間伐は2割以下の伐採)の搬出は3トンのミニバックホーで作業道を敷設しながら2トントラックで搬出するという、最近の流行である高投資・高コスト型の高性能林業機械に走らず、シンプルな施業システムを長年実践し、森林経営を安定化させた。奈良型作業道講師。
DSC_0786

 
■菊地俊一郎(きくち しゅんいちろう)
1972年生まれ。愛媛県西予市在住、秋田大学卒業
サラリーマン経験後の愛媛県西予市三瓶町にUターン。父のあとを継ぎ、温州みかんやあまなつなど約10種類の柑橘類(2.1ヘクタール)を育てながら、約30ヘクタール(主にヒノキ)の山林で林業を営む農家林家。
2m以下の作業道を高密に敷設し、1トンの林内作業車で搬出するシンプルな施業を展開しており、多間伐を繰り返す長伐期択伐施業を目指している。林業経営は安定しており、農業収入と合わせて毎年十分な収入を維持し続けている。そして補助金を一切受けていない理想的な林業経営を持続している。
MG_8343
写真家の「高木あつ子」さまよりお借りしています。

 
■山口祐助(やまぐち ゆうすけ)
1958年生まれ。兵庫県篠山市在住。
兵庫県に約180haを所有し、作業道を高密度に張り巡らせて、抜き伐りで効率的な木材生産や、針葉樹と広葉樹を混生させた整備を進めている純粋な自伐林家。優れた森林経営が評価され、平成20年の全国林業経営推奨行事(大日本山林会、全国林業改良普及協会主催)において林野庁長官賞を受賞。伐倒から運搬、作業道敷設まで、すべての林業施業の作業を一人でこなすことができるオールラウンダー

 

連携企業・団体について

本学部は、日本自動ドア株式会社NPO法人自伐型林業推進協会、地球のしごと大學の連携プログラムとなっております。
日本自動ドア株式会社の保有する森林、宿泊所(自動ドア技術学院)、グラウンドを利用いたします。
同社は今後、林業部門を立ち上げ自伐型林業の普及、飯能林業の再生を行ってまいります。
NPO法人自伐型林業推進協会からは講師提供をいただきます。

 

第一期開催の様子

1456052795037
チェーンソー研修の様子①

DSC_0492
チェーンソー研修の様子②

1458438961596
伐倒研修の様子①

1458436827006
搬出実技①

1458461967496
搬出実技②
土佐の森方式の軽架線と林内作業車を使用します。

DSC_0790
ユンボの乗り方を指導

DSC_0791
ユンボでの作業道作り

DSC_0320
懇親会BBQもやりました

以上、ご応募お待ちしております!


その他の終了

終了

 

開催日:年月日

無肥料栽培農家養成学部

無肥料栽培のトップランナー、岡本よりたかさんをお招きして、「無肥料栽培農家養成学部」を開講します […]

終了

 

開催日:年月日

社員・インターン生募集中!!

<社員募集中!> 地球のしごと大學の運営・拡販、企業案件・自治体案件などをお任せできる右腕的人材 […]

社員・インターン生募集中!!

終了

 

開催日:2015年11月22日

自伐型林業フォーラム@埼玉県飯能市<90名満員御礼締切です>

本イベントは終了いたしました。 本年2月20日よりスタートする自伐型林業家養成学部の募集を受付中 […]

自伐型林業フォーラム@埼玉県飯能市<90名満員御礼締切です>

終了

 

開催日:2015年12月05日

地球のしごと大學 合同忘年会!!

<講座内容> 11月に入り、どんどん寒くなってきましたが・・・ 人が集えば暖かい!合同忘年会を開 […]

地球のしごと大學 合同忘年会!!

終了

 

開催日:2015年12月19日

こだわりの材料で作る!味噌作り講座

こだわりの大豆とお米を使って、お味噌の手づくりに挑戦する講座です。 材料は、農薬と化学肥料を使わ […]

こだわりの材料で作る!味噌作り講座

終了

 

開催日:2016年02月13日

こめまめ農家養成学部2016(自然耕塾@佐倉)

<2017年度募集を始めています。2017年募集はこちらをクリックしてください> 日本人の食卓の […]

こめまめ農家養成学部2016(自然耕塾@佐倉)

  最新情報

2017年12月17日

【自伐型林業を学びたい方向け】自伐型林業学部第五期を3つのコースで募集中です!!

2016年2月より埼玉県飯能市で関東初の自伐型林業学部が「地球のしごと大學」にてスタートしていま […]

【自伐型林業を学びたい方向け】自伐型林業学部第五期を3つのコースで募集中です!!

2017年12月12日

【飯能で板倉構法が学べます】伝統構法建築学部 募集開始!!

地球のしごと大學に2018年2月待望の新学部が誕生します!! その名も「伝統構法建築学部」です。 […]

【飯能で板倉構法が学べます】伝統構法建築学部 募集開始!!

2017年11月5日

12月10日(日)池袋にて『持続可能な森林をつくる仕事フォーラム』を開催します!

「持続可能な森林をつくる仕事」に興味はありませんか?? 森林は、水源のかん養や土砂災害の防止、林 […]

12月10日(日)池袋にて『持続可能な森林をつくる仕事フォーラム』を開催します!

ツイッター
フェイスブック

  地球のしごと大學とは?


地球のしごと大學とは、地球上の問題を解決するポスト近代に必要な「しごと」の学び舎です。

人類が次のステージへと進むためには、近代の価値観や枠組みを超えた「ポスト近代の価値観と枠組み」を創造する必要があります。

私たちのアプローチは、日本の伝統的な価値観と近代合理主義の利点を上手に掛け合わせたローカルまたはグローカルなしごと=「地球のしごと」(暮らし・稼ぎ・務め)によって構成されるオルタナティブなライフスタイルの創造と実践です。

  お問い合わせ


地球のしごと大學
〒285-0065 千葉県佐倉市直弥
E-mailアドレス
infoアットマーク(@に変えてください)earthcolor.org

Copyright © 2017 地球のしごと大學 AllRIGHTS RESERVED.