こんなことやります

my大豆畑は、個人区画約7.5坪を使って大豆をつくり、収穫し、味噌づくりまで行う部活動です。通常の直播き(じかまき)による栽培と、故岩澤信夫氏が残した【へそ曲がり大豆栽培法】という技術も学び、比較実験を行います。

【へそ曲がり大豆栽培法】は慣行栽培の2-3倍の収量が見込める大豆の栽培方法です。日本人の食卓の中心にあるお米と大豆。ご飯と味噌汁の食事は、わたしたち日本人が一番ホッとできる食事ではないでしょうか。日本の大豆自給率は5パーセント程度。

現在は無農薬栽培の大豆はほとんど手に入りません。自分で作る大豆と大豆製品(味噌、豆腐、豆乳、醤油、納豆など)は今後食料としても商品としても貴重なものになるでしょう。

岩澤信夫氏とは・・・「不耕起移植栽培」の普及に尽力し、環境問題に一石を投じるとともに、日本の農業のあるべき姿を模索し続けた。功績により第42回吉川英治文化賞受賞。

こんなかたにおススメです

  • 大豆の自給をしたい。自分の育てた大豆で味噌を作りたい。
  • 将来は「半農半X」に挑戦したい。

※my田んぼを受講の方はぜひ同時受講を検討ください。希望する方は、12月の味噌づくり時には自分で作ったお米での米麹を使い、自分で作った大豆で正真正銘の「手前味噌」を作ることもできます。これほどの贅沢は無いですよ!