自伐型林業学部 フォローアップコース

 

こんなことをしています

プライマリーコースの復習とその応用を学び、実践までの準備に充てていただきます。プライマリーコースよりも実践向けな研修を受けることができます。現在は「チェーンソー実践強化」のみの開講となりますが、今後講座運営のインフラの拡充に合わせて随時「バックホー実践」「作業道実践」なども開講していく予定です。

 

 

こんな方におススメです

プライマリーコース現受講者、プライマリーコース修了者、自伐型林業実践者

 

 

募集要項

講座のゴール プライマリーコースの復習とその応用を学び、実践までの準備に充てていただきます。
開講中のカリキュラム チェーンソー実践強化
開講日 2018年3月23日(金)または、3月28日(水)の単日(9:15〜16:15)
※希望が多い日程で開催させていただきます。
場所 自動ドア技術学院
〒357-0123 埼玉県飯能市大字中藤下郷字並木294-3
アクセス:飯能駅前より国際興業バス(04・05系統 新寺経由 中藤行きまたは中沢行き)にて天神橋下車。
所要時間:バス20分+徒歩1分
電話:(042)970-3211 FAX:(042)970-3201
費用 10,000円/1人 保険料込み、飲食・集合場所までの交通費用は別途。
定員 15名(最少催行人数10名)
※募集期日までに定員が集まらなかった場合は不催行となります。
催行までのプロセス 定員に達した後、お申込者へ個別にご連絡をさせていただきます。
募集締め切り 2018年2月8日(木)まで
お申込み お申し込みは「お名前」「ご連絡先(メールアドレス、お電話番号)」「現在の状況(自伐型林業の実践状況など)」を沿えてinfo@earthcolor.orgまでお願いいたします。
先着順に受講者さまを確定させていきます。お振込みいただいた後でのキャンセルご返金は原則応じられませんのでご了承くださいませ。

注記

●チェーンソーをお持ちの方はお持ち込みいただくと良いかと思います。講師より個別にアドバイスが受けられます。
●交通費や現地での飲食費、宿泊費、などは上記に含まれません。あくまで講座受講費用となります。
●受講期間中に何らかの事情が発生し、やむを得なく受講を継続できない場合も、原則的には受講料を返却できません。
●受講生には傷害保険に加入していただきます。手続き、費用につきましては、主催者で行います。各自用意していただくものは、筆記用具、作業しやすい服装(長袖着用)、手袋、長靴(スパイク付きをお勧めします。)、雨天時の雨具、などです。

 

講師プロフィール

菊地俊一郎(きくち しゅんいちろう)
1972年生まれ。愛媛県西予市在住、秋田大学卒業
サラリーマン経験後の愛媛県西予市三瓶町にUターン。父のあとを継ぎ、温州みかんやあまなつなど約10種類の柑橘類(2.1ヘクタール)を育てながら、約30ヘクタール(主にヒノキ)の山林で林業を営む農家林家。
2m以下の作業道を高密に敷設し、1トンの林内作業車で搬出するシンプルな施業を展開しており、多間伐を繰り返す長伐期択伐施業を目指している。林業経営は安定しており、農業収入と合わせて毎年十分な収入を維持し続けている。そして補助金を一切受けていない理想的な林業経営を持続している。

お申し込み方法

「お名前」「ご連絡先(メールアドレス、お電話番号)」「現在の状況(自伐型林業の実践状況など)」を沿えてinfo@earthcolor.orgまでお願いいたします。

メールを送信する