畜産加工業と福祉 ~福祉の六次産業化「恋する豚研究所」~


 

講義内容

千葉県香取市を中心拠点とする社会福祉法人である福祉楽団は、特別養護老人ホームやデイサービス施設など6拠点をもち、障がい者雇用、社会福祉事業の一環として「恋する豚研究所」を運営されています。代表の飯田大輔さんは「ケア(福祉)の六次産業化」を唱え、障がい者の雇用を担う施設であることを売り出すことなく、デザインやマーケティングの力を駆使した独自ブランディングによる販路開拓をしています。

実際に「恋する豚研究所」を訪問し、代表の飯田大輔氏から畜産加工業の現状と課題、そして、福祉に様々な産業を結び付ける「ケア(福祉)の六次産業化」についてレクチャーいただき、議論します。

 

日程 開催場所
2018年10月21日(日) 千葉県香取市

 

講師プロフィール

飯田 大輔

1978年千葉県生まれ。東京農業大学農学部卒業。千葉大学大学院人文社会科学研究科博士前期課程修了。
2001年社会福祉法人福祉楽団設立。特別養護老人ホームの相談員、施設長等を経て、現在、理事長。
2012年株式会社恋する豚研究所設立。現在、代表取締役。
千葉大学福祉環境交流センター研究員、京都大学こころの未来研究センター連携研究員。

 

課題図書

なし