牛舎の無い牧場 ~24時間365日放牧「中洞牧場」~

こんなことやります

広い放牧地に解放され、自由に草を食べ、狂牛病とは無縁の牛たち。本物の味が高い評価を受けるビン入りの低温殺菌牛乳が大人気を博しています。理念だけではなく、美味しい牛乳として市場からも評価を受け、事業としてもしっかりと成立させていることが驚きです。

理想的な酪農と牛乳を実現し他産業からも視察が訪れる中洞牧場を訪れ、中洞さんの話をうかがいます。
 

日程 開催場所
2018年9月16日(日) 岩手県岩泉町

 

講師プロフィール

中洞正

東京農業大学農学部卒業後、岩手県岩泉町で酪農を開始。24時間365日畜舎に牛を戻さない通年昼夜放牧酪農、牛乳プラントの設計、建築、乳製品の製造販売まで手掛ける中洞式山地酪農を確立した。中洞式山地酪農の普及を目指す株式会社山地酪農研究所 代表取締役。農業生産法人株式会社企業農業研究所 中洞牧場 牧場長。東京農業大学客員教授。

課題図書



『幸せな牛からおいしい牛乳』 著者:中洞正

広い放牧地に解放され、自由に草を食べ、狂牛病とは無縁の牛たち。ホンモノの味が高い評価を受ける、ビン入りの低温殺菌牛乳。理想的な酪農と牛乳を実現し、他産業からも注目を集める男の熱いメッセージ。(amazonより)